ベイエリアに住もう!
シンガポールから日本に帰国した理由のひとつは、彼と離れすぎているのは良くないと感じたから。なので、帰国後は一緒に住みましょうという計画を練り始めていたため、彼は私の両親に「Bondi Blueさんに僕と一緒に住んでもらいたい」と挨拶にやってきた。両親も私の帰国後、いつまでもパラサイトをされていては・・・と心配していたのか、承諾してくれ、一緒に住むことが決まった。

私たちが挙げた条件は、
「広くて都心にあるマンション」

もちろん、上限もあるのでその範囲内で探すことにすると、まず「広くて」というひとつ目の条件で苦戦。やはり東京ではシンガポールのようなお家には簡単に住めないということなのか?と半分あきらめたところ、都心で唯一(多分)それが叶う場所を発見。それが、今再開発で注目度が高い臨海豊洲・東雲地区!

私たちはそのエリアにほぼ的を絞り、いくつものマンションや部屋のタイプを見た。この地区のいいところは、ベイエリアということもあってシンガポールを彷彿とさせてくれることと、日々開拓が進んでいるので様変わりする街を見ることができること。私たちが決めた部屋は高層階で広く、最寄り駅から銀座まで5分、青山に15分、新宿にも20分ほど。条件は見事クリア。

ある程度自分というものが出来上がった年齢の人間二人が一緒に暮らすというのは容易いものではないと想像する。私もすぐ仕事を始める予定でいるし、となれば家事のことなどで揉めることだってあるにちがいない。いろいろあっていい、と今は思っている。大変なこともうれしいこともあるはず。新しいことへの挑戦は不安でもあるが、やっぱり楽しみたい。そしてシンガポール生活中、私遠くから支えてくれた彼。今度は私が彼を支えてあげられるといいな、と思ったりする。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-05-29 14:26 | 豊洲ライフ
<< やっぱりIKEA 等々力渓谷 >>