<   2006年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
カゼ、引きました
3年ぶりの冬。恐れていた風邪をこじらせ早3週間・・・
なんと治りの悪いこと!その間、良くなってはぶり返し、2回連続で風邪を引いてしまった。最初豊洲の某大学病院に行ったのですが、調子が悪いのに2時間半も待たされたあげく、調合してもらった風邪薬を5日飲んでも良くならず、再度会社の近くの山王病院で診てもらいました。ようやく風邪も終焉を迎えそうだっがのですが・・・ 寒い日に江ノ島でヨットに誘われ参加したのが運のつき、また風邪をぶり返しまた山王病院へ。

やっとのことで、だいぶ具合も良くなりました。
やっぱり私の体は夏仕様になってしまっていたのかしら?
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-11-23 12:45 | ダイアリー
江ノ島でヨット
b0043951_15344039.jpg11月12日は前職でお世話になった監査役の方のお誘いで、彼が持っているヨットに乗りに江ノ島に行ってきました。朝方結構風が吹いていたので心配したのですが、江ノ島についてからしばらくすると風もだいぶ静かになり、いざ海へ!
私は船酔いしやすい体質なので、ヨットなどというものはあまり気が進まなかったのですが、酔い止めの助けもあって、揺れもなんのその、ヨットの面白さをすこし知ることができた気がします。
b0043951_15402259.jpgヨットが転覆するということは、よどのことがないと起こらないらしいのですが、海の上に人が帆織り出されるというのはあり得る話だそう。沖では多少静かになった風も、海の上に行くと風速12メートル。風がびゅーびゅー吹いていて、ヨットも右に傾き、左に傾き・・・本当に海に振り落とされるんじゃないかと必死にオーナーズチェアにしがみついていました。

ヨットに乗って感じたことは、チームワークの善し悪しが舵取りに大きく左右するということ。今回のメンバーの方がたは、みなさんもう20年ぐらい一緒にヨットに乗っているとのことで、そのチームワークは本当に驚くものでした。チームワークってこういうことなのか、と。これもまた、いい勉強になりましたが、言うまでもなくこのヨットのおかげで風邪は悪化しました・・・
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-11-12 12:56 | ダイアリー
ドレスも試着!
b0043951_22225349.jpgとうとうドレスの試着も始めました。今日は銀座にあるHatsuko Endoと銀座三越で10着以上を試着。自分がカタログ等で見て気に入ったようなタイプと実際着てみて似合うかは別問題・・・ そして、さらにそれを見ている人も似合うと思ってくれるかもまた別・・・ というわけで、今回はまだ予約はせずしばらくは衣装探しを続けることに。ちなみに私が気に入ったのはこちらのマーメイドタイプのドレス。神田うのデザインらしく、確かにバックのレースがそれっぽい雰囲気を醸し出している気がします。ただ、外野の人は「うーん」という感想でした。なんでだろう・・・

b0043951_2224230.jpgb0043951_22241237.jpg私はあまりふわーっとしているドレスはちょっと・・・と思っていたのですが、その中でも唯一気に入ったのはシルク使いのドレス。私は背が高く痩せているのでマーメイドだと細さが強調さらえてしまうのだが、それよりもやはりこのようなドレスの方がシルエットがきれいに見えるよう。

b0043951_22234756.jpgb0043951_22242598.jpg最後は外野が気に入ったドレス。Aラインのようなタイプだったのですが、後ろが長いので私たちが選んだ会場にある階段を下りる場面では見栄えがする、とのこと。でも、私の好みとしてはAラインではないのよね・・・というわけで、まだまだ決まらなそうです。お色直しはできれば黒引き振り袖を考えているのですが、気に入った柄がなくまた次回に見ることに。ここ2、3年は黒引き振り袖+洋髪でお色直しする人も増えているようで、折角なので私もできれば着物を着たいなぁ、と。でも、着物って高いんですよ。ドレスの倍の金額というのも割とざら。一瞬金額を見て母と顔が引きつってしまいました。笑
他のドレスショップも見てみたいので、多少研究もしないといけないですね。いい加減雑誌でもかってみた方がいいのでしょうか。どうもイマイチ結婚式に対するモチベーションがあがらず、自分のことにも関わらず手抜きになっているのが気になります・・・
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-11-11 22:55 | ウェディング
両家お食事会
結婚を決めてから割とふたりで式場等を先に決めてしまっていたので、延びてしまった両家の会食。本日はお日柄も良いということだったので、グランドハイアット6Fにある旬房という会席レストランで顔合わせをしました。

私たちは結納は行わないことに決めていたので、私たちが両親を招待するという形にしました。彼の実家は静岡と遠方なので、ご両親にはわざわざこちらまで来ていただくことになってしまいましたが、お互い緊張した面持ちではあったものの無事会食は終了。

とりあえずこの会食が終わったことで、(いろんな意味で)親も安心した様子。ひとまず、年内はまず衣装を決め、細かい打ち合わせは来年早々からになるようです。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-11-05 18:35 | ウェディング
マンダリンオリエンタル東京
b0043951_9575724.jpg私たちが最後の最後まで悩んだ会場のひとつがここ、マンダリンオリエンタル東京。ここを「最新最高級」と例えるなら悩んだもうひとつの会場は「伝統と格式」で真逆の二つを気に入ってしまい、最終的な決断まで3週間、悩みに悩み気が狂いそうでした・・・笑 
間もなく開業1年を迎えるマンダリンオリエンタル東京は、言うまでもなく世界の中の最高級ホテルのひとつで、三越前駅直結の日本橋三井タワーの最上部、隣接する国の重要文化財三井本館の一部分からなっています。最近のホテルウェディングの常識である、「貸切感」を出すために、ここでは三井本館と三井タワーの4階部分だけをウェディングとして使用します。もちろん、1日に実施するウェディング数も少なく、時差を設けているのでバッティングはしないようです。

b0043951_9583377.jpgメイクから式、披露宴まですべてが同じ階で完結するため、負荷が少ない。またそれぞれの場面でまったく異なる様相が楽しめるのが気に入りました。ここは挙式が行われるチャペル。天井高がありかなりの開放感。そして弦楽三重奏、オルガン奏者が場の雰囲気を高めます。そして祭壇の周りにはさらさらと水が流れており、これが非常に心を安らげてくれます。ホテル自体が「森と水」をテーマにしているからのようです。
b0043951_10144188.jpgb0043951_10145333.jpg続いて披露宴会場はなんと世界発の映像技術を駆使し、会場の壁全面に映像を映し出せるのです。ですので映像を上手く盛り込んで言葉ではなく映像で訴えるという手法が効果的。ここは彼が大変気に入った点で、やはり最新ホテルのこういう技術は目を見張るものがあります。

b0043951_1050394.jpgそれ以外に私たちが気に入ったのは、やはり料理。見た目も華やかな創作フレンチで、シェフと細かな打ち合わせをして作り上げていくという。もちろん味も最高でこの料理の部分もこちらに軍配があがりました。披露宴会場に隣接してキッチンがあるようで式の進行状況等を見ながら一から作るため、他のホテルのように作り置きはせずに温かいもの冷たいものをそのまま食べられるらしい。よくウェディングでスープを出すのは作り置きをしておけるからだそうで、なのでここではスープは出さず代わりにお酒のみにも楽しめる肴になるものを出したりするらしい。また、控え室はホテルといえども1日中貸してもらえること、フォトグラファーが有名雑誌のモデルを撮影している方々・・・などなどとにかく「すごい」ことだらけ。そして私たちを担当してくださった方が非常に良かったのも大きいかもしれない。

・・・結局ここを採らなかった理由、それは「階段」がなかったことだろうか。やっぱり見せ場の階段が欲しかった・・・でも、本当に今でもこっちの方が良かったんじゃないかと思うことがあります。(未練たらたら・・・)
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-11-03 10:27 | ウェディング
コンラッド東京
b0043951_2253012.jpgb0043951_22531222.jpgConrad Tokyoも見学。ウェディングスペースはホテルとは別のところにあるので一般客が入ってきません。そういう意味では貸し切り館は抜群です。一階にあるチャペルは自然光が入り、とても明るいのが特徴。そしてチャペル横には長い階段もあるのでそこを降りて祝福を受ける・・・というイベントも盛り込めます。

b0043951_22532426.jpgb0043951_22533762.jpg私がコンラッドで気に入ったのは、この披露宴会場。非常にシックな内装でしかも自然光が入るのはホテルウェディング会場では珍しい。スクリーンは格納式のものがいくつかあるようです。天井高もかなりあるので弦楽やピアノの演奏等にも最適です。残念ながら、私たちがここを選ばなかった理由としては、チャペル横の階段で、式が終わって1階からエレベーターで2階に上がり、そこからまた1階にわざわざ降りてくるというのに少々違和感があったのと、チャペルが私たちのイメージと若干あわないところがあったのですが、総評としてはやっぱり新しいホテルはいいなぁ、というのが正直な感想です。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-11-01 22:56 | ウェディング