<   2006年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧
Broken Flowers
2005年カンヌ国際映画祭のグランプリ作品でJim Jarmusch監督、Bill Murray主演のBroken Flowersを見てきた。

40代になってもまだ独身貴族をきどっているドンは、ある日20年前の交際していたという女性から手紙をもらう。その手紙がドンの生活を変えてしまう衝撃的な内容。「あなたには19歳になる子供がいます」と・・・ おせっかいな隣人ウィンストンが拍車をかけ、ドンはこの母親探し、いや息子探しの旅をはじめることになる・・・

単館でしかまだ上演していないようだったので、どうかなぁと思ったのだけれど、なかなかおもしろかった。ビル・マレーは 'Lost in Translation' でものすごい良い演技をしていたのが印象的だったのだが、今回も負けていない。見所は隣人ウィンストンとドンの掛け合い。それとちょっとふけちゃったシャロン・ストーンだろうか。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-04-29 15:37 | ダイアリー
VIRONでブランチ
今日はhanulとShihoちゃん&ベイビーで渋谷にあるVIRONでブランチをしてきました。hanulのご愛用のVIRON。いつもは早くいかないと混んでしまうらしいのですが、今日は天候が悪かったこともあり10.30到着でも問題なく席につけました。


b0043951_21224381.jpgb0043951_21225657.jpg私はクロワッサンとパン・オ・ショコラを注文。豊富な種類のジャムがどーんとやってきたのに驚いた。その中の一つ、ミルクのジャム(?)がまた美味しいこと・・・ 販売しているジャムではないようで、ここでしか食べられない貴重なものらしい。うーん、また食べたいなぁ・・・

そこで女性三人はおしゃべりに夢中でお昼過ぎまでテーブルを占拠。そろそろ出ようか・・・ということでマークシティの中をぶらぶら。Shihoちゃんはちょこっとお買い物。私は無職のため買い物は控えることに・・・ 悲しい・・・

b0043951_2123867.jpgやっぱりパンは結構おなかがすいてしまうようで、ショッピングの途中でなんだかちょっとお腹が空いてきた私。アフタヌーンティーでほうれん草カレーを食べてしまった。二人も同じくカレーを。なぜか二人は私がカレーを食べると言い出したから、自分たちも食べたくなっちゃったのだ、と言っていた。私のせいかい?

Shihoちゃんのベイビーもしばらくぶりに会うとずいぶん成長していてびっくり。表情も豊かになってなんとかわいいこと・・・ また次に会うのが楽しみ。あ、もちろん、Shihoちゃんとhanulに会うのも楽しみですよ。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-04-27 21:33 | 東京グルメレストラン
アジア人駐在員にとって最も住みやすい都市とは?
先日、新聞に海外駐在するアジア人が最も住みやすい都市としてシンガポールが選ばれた、という記事が載っていた。香港に拠点を置く国際的人材コンサルティング会社のECAインターナショナルが行ったLocation Ranking Surveyの結果らしい。

この調査は海外駐在員に対する調査と各国の基本データを基に作成されており、気候、社会的ネットワーク、医療施設、交通、教育、犯罪ほかさまざまな基準で都市のランキングを行っている。このコンサル会社の担当者によると、シンガポールはすべての部門で高い順位にランクされており、「住居や交通のインフラも整備されており、質の高い生活レベル、低い犯罪率などが要因」と述べていた。

シンガポールのこと、私だけじゃなくてみんないいと思ってるんだな。

2位にはシドニー、3位メルボルン、4位キャンベラ、5位神戸、11位横浜、14位東京、32位香港、60位台北などのアジアシティがランクイン。

けれど、「アジア人に」とってはシンガポールが理想の都市ではあっても、対象をヨーロッパ人にしぼってみると・・・なんとシンガポールは58位。ヨーロッパ人にとってシンガポールは、文化も習慣も違う、ヨーロッパからの距離が物理的に遠く、さらに気候があわないなどとやや不人気。とはいっても、ヨーロッパ人、超多いけどね。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-04-26 22:01 | シンガポールニュース
Jリーグ鑑賞
b0043951_20274048.jpg今日は彼とジュビロ磐田(彼のひいきのチーム)とジェフ千葉市原の試合をジェフのスタジアムに見に行きました。快晴でとっても気持ちいい!まだまだ新しいスタジアムで、千葉の蘇我駅からも近くて便利!で、でも・・・都内からは結構遠いので電車賃が高い!のが痛い。


b0043951_20275520.jpgb0043951_2028733.jpgさて、試合。どうやら、ジェフとジュビロの試合は因縁の対決だそう。ここ2年、ジュビロはアウェイにおけるジェフとの試合で負け続けているらしい。そんなこともあって、ジュビロの応援にも力が入ります。・・・しかしその応援も届いたのか届かないのか、0 - 0の引き分け。ま、負けるよりはいいんじゃないかな? たまにはサッカー観戦もいいもの!あの選手と応援団との一体感は何とも言えません。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-04-22 20:24 | ダイアリー
早くもreunion!
シンガポールで知り合った日本人の友達も私の財産。そして今回、ケイくんとコトコちゃんが同時期に東京にやってくる機会があった。もちろん、さっそく同窓会!

b0043951_1834214.jpgまだまだ東京に旅行に来ている気分が抜けきらない私と、本当に旅行気分のコトコちゃんは表参道ヒルズへ行ってきました。いつできたのかも私は知らなかったのですが・・・ 表参道ヒルズは面白い設計になっているのですね。地下3階から1階に向かって、ながーい階段があります。おまけに遠近法で階段の上の方が狭くなっているのかと思いきや、本当に上の方は狭い。2mぐらいの幅しかないんじゃないのかな?建物が台形なのを生かしているのですね。そして、両脇のショップの通路を歩いていると・・・終わりがない!この通路、螺旋状になっていてどんどん上の階に進んでいける!

b0043951_1835274.jpgぐるりと地下から最上階まで見て回り、シンガポールと違ってずいぶんとお高いものばかりがうってるなーということが分かったことと、そしてなぜかいろんなテイスティングのお店がいっぱいあることを発見。なんとワインテイスティングのお店も!画期的!コトコちゃんも私もワインテイスティングの会に入っているほどワイン好き。入らない訳がありません。ここでしばらくワインに酔いしれる・・・

b0043951_23124976.jpgb0043951_2021958.jpgとあっという間にディナータイム。ケイさんからリクエストされていた「和食希望だけど、刺身というよりは焼き魚や煮物が食べられるレストラン」を予約。寅福へ行ってきました。メバルの塩焼き、駿河湾の桜えび、タケノコの煮物、レンコンの挟み揚げ・・・どれも大満足。もちろん閉店まで話し込んでしまいました。時々シングリッシュを交えながらの会話。たまりませんね。既に懐かしくなっている私にはシンガポールの何の話を聞いてもうらやましくなってしまいます。ドクターと半導体セールスとコンサルタントとまったくバックグラウンドが違う私たちをつないでいるのもシンガポール。今日は懐かしい話ができてよかったなぁ。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-04-21 23:10 | ダイアリー
Kit Kat Cherry Blossom味発売!
シンガポールから離れても、1日1回はシンガポールの友達とチャットをすることが欠かせません。ここ最近、シンガポールは激しい雨に見舞われていて、雨期のようだとか。

b0043951_21491361.gifそんなシンガポールで、最近発売されたCherry Blossom味のKit Kat!!シンガポールには普通のキットカット以外、Lemon Cheesecake フレーバーしかないので、私が日本に帰国する度、お土産としてさまざまなフレーバーのKit Katをシンガポールに持って帰ったものです。もちろんシンガポールのみんなにも大人気!

シンガポールの友達は、このサクラ味がシンガポールで発売になる以前に、私が買ってきたこの味を試したことがあるため、ちょっと鼻が高いんだそう。私はそろそろ、シンガポールのホーカーセンターの食べ物の味が懐かしくなってきました・・・
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-04-20 21:08 | シンガポール名物たべもの
吾照里 -オジョリ
今日は7時ぐらいに彼と待ち合わせをして私たちの好きな韓国料理のお店、吾照里 にいってきました。

今回は渋谷店へ。渋谷店は文化村通り沿いに2軒ありますが、現在一つは改装中で休業とのこと。もう一つの方に7時に行った時には既に満席。なかなか人気のお店のようです。私がいつも注文するのは海鮮パジョン。海鮮お好み焼きのような見た目ですが、もっとさくさくもちもちしています。多量のごま油かなにかで半分揚げているような感じです。具には、ニラの他、イカやエビなどの海鮮が入っています。写真を撮らなかったのでちょっと伝わりにくいかもしれませんね・・・

それとここのカクテキはとてもおいしいので是非試してみてください。豚足もなかなかでしたね。実は前回このお店にきた時、彼がこの一品を頼みたそうなそぶりだったのを私が制し、試せなかったという経験があるため、今回はどうしてもオーダーしたいというその情熱に負け、私も挑戦したわけです。チュジャンのようなソース2種類を豚足につけてレタスに巻いていただきます。ただ、若干豚足に八角の香りがするのが私は苦手でした・・・

是非おためしを!
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-04-18 21:21 | 東京グルメレストラン
帰国のお知らせ
日本に戻ってきました!

帰国した日、(出国当日まで荷造りが終わっておらず自暴自棄になっていたため)日本がまだ肌寒いという事実が頭からすっかり消えていた私は、ビーチサンダルに綿のジプシースカートという出で立ちで成田空港に降り立ちました。そこで初めて日本が春で夏ではないことを思い出した私・・・ かなり疲れきっていたのでしょうか・・・

旧正月に一時帰国をしてからまだ日が浅いので「久しぶり」という感じはせず、「とうとう帰国してしまったんだなぁ・・・」という気持ちの方が強かった気がします。と同時に、私の彼が空港まで迎えにきてくれていたので、「あー、やっと帰ってきたのか」なんて安心感も芽生えました。

b0043951_0313863.jpgb0043951_0315199.jpgそれから1週間。
お刺身、焼き魚、手打ちうどんにラーメン、餃子、パスタにフレンチ・・・美味しい食事を心行くまで楽しむ毎日。

そして上野公園、後楽園のラ・クーアに東京国立近代美術館の藤田嗣治展、秩父にドライブと盛りだくさん。東京の桜はほとんど散ってしまったのだが、
b0043951_033564.jpgb0043951_0325512.jpg秩父の羊山公園の桜は今が満開!芝桜はもう少し時間がかかりそうですが、しだれ桜の美しいこと・・・日本に帰ってきて本当に良かったと思えた瞬間でした。


私の東京生活がこうしてまた始まりました。
しばらくは家族や彼、友人と時間を過ごし、そして新しい仕事につく予定です。東京は街の中にも街がいっぱいある楽しい都市。それを再認識。東京生活もまた楽しいことも嫌なこともあると思うけれど、また一から頑張ってみようと思います。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-04-17 12:24 | ダイアリー
Singaporeにサヨウナラ・・・
いったい睡眠3時間の日々がどれくらい続いただろうか。
遊んでばかりいるからわるいのだが、なかなかはかどらない引っ越し準備のせいで、1日1食の食生活と睡眠不足でかなり限界に近づいている感じが否めない。

ただ今日はシンガポール最後の日。やっぱり思いっきり楽しまないと!

昨日カンパニーランチに参加できなかったDavidがランチをごちそうしてくれることになっていて、彼が車で迎えにきてくれた。なんと新しい彼女も一緒・・・!いつのまに彼女ができたのだ!?
3人でおいしいベーグルサンドのお店でブランチ。彼が私と出会ってからの思い出をいろいろ話し、昔話に懐かしくなってしまった。シンガポールに住んで右も左も分からないところを世話してくれたのが彼。彼なくしてここでの生活は上手く軌道に乗らなかったとも言える。「本当にBondi Blueに残ってほしかったから、いつも機嫌を悪くしてたんだよ」と最後の方に私に冷たかった訳をぼそっと話してくれた。なんだかかわいいな。そしてとうとうお別れ。彼はきっと忘れられない人のひとりになるのは間違いない。ただ彼は「すぐ僕のこと忘れるでしょ?」と私を疑っているようだが・・・

そしてその後、コトコちゃんがお家にやってきた。お互い貸し借りしていたCDを渡し合い、うちにある家財道具で欲しいものを全部あげた。彼女は出張で日本に来るので、またすぐ会えると思っても、でも毎日の生活の中に彼女がいなくなるのも寂しい。そんなことを話しているうちに、同僚のSKがやってきた。お土産に豆花とエッグタルトをくれた。有名店のおいしいデザート。コトコちゃんの荷物がいっぱいあるので、彼に手伝わせて彼女を送った。SKとしばらく話をしているうちにJoanとEuniceがやってきたのでSKともお別れの挨拶。JoanがKatong Laksaを買ってきてくれ、シンガポール最後の食事はLaksaでしめました。

タクシーの中、やっぱり思い出話で盛り上がる。私はいつもチャットしているとスペルを良く間違うのでそれにまつわる話で笑ったり。シドニー旅行で暑かったことを思い出したり。楽しい思い出がいっぱいよみがえってきた。でもそんな思い出を吹っ飛ばしたのが、SQのカウンターで手荷物を預けたときのこと。なんと総重量60Kgらしく、制限の20Kgを大いにこしている・・・カウンターのお姉さんが負けてくれたが30Kg分を支払わなければいけなくなった。それもS$888!!!!! (約6万円!)

ここで私はシンガポリアン気質を最後まで見ることになった。
なんと、EuniceはDavidに電話して会社でこの金額を持ってくれないかと聞いてみるというではないですか!実は既に私は会社からも数箱をDHLで送っており上限を超えているため、Davidに電話したところでどうにもならない。ならばVPを試すと今度はJoanがCPHに電話。お願いだからそれはいいよ・・・といっても聞いてくれない。「そんなことで恥ずかしがってどうするの!会社が出してくれるかもしれないんだったらそっちの方がいいでしょ!」とかなり強気。私は小心者なのか、もう規定以上のお金なんだから高くても自分で払うわ・・・と思ったのだけれど彼女たちは譲らない。結局CPHは「なんとかするからとりあえず先に払っておいて」ということだった・・・ なんだかはた迷惑な日本人だと思われていないか心配になったが。

どうにか荷物の超過料金も支払い、とうとうイミグレに進む時間。やっぱり一番仲良くしていた二人にお別れをするのが一番悲しいに決まっている。もう枯渇したと思った涙がまた流れてしまった。二人に見送られイミグレに進んでもまだ涙が止まらず、機内に乗るまで心が落ち着かなかった。

私のシンガポール生活はこうして終わったが、まだまだここに来るチャンスはあると思う。そしてみんなが私を訪ねてくれる日が遠くない将来にあるとも思う。遠く離れてしまうけれど、でもまた新しい人生の始まりが待っている。あまり悲しくなりすぎないようにしないと。このブログは今後も続けることにします。まだまだシンガポールの伝えたいことがあるうちにはやめられません。是非今後もよろしくお願いします!
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-04-08 01:00 | ダイアリー
Cold Crab で Farewell Party!
私の会社のフェアウェルは帰国前日で金曜日の今日行われた。幹事役のJoanからどんなところに行きたいかと質問され、すかさず彼女に伝えた条件は;
   1.私がまだ行ったことがないレストラン
   2.cold crab(またはシーフード)が食べられる

それに対して彼女は、まず私が行ったことない有名レストランはシンガポールに10%ぐらいしかのこってない!と。それでもみんなで知恵を絞って出た答えが、Singapura Restaurant!Selegie Rd.にありカニで有名なお店。名前は知っていたのだがかには少人数で食べるのが難しいので行く機会がなかった店についに足を踏み入れることに!

場所がいまいち分からなかったのでまずオフィスに行ってごあいさつ。私の席は当たり前だが誰も座ってなくてなんだか不自然。オフィス全員が参加してくれた。ただDavidはMCで休みだったが。

レストランでのCold Crabは本当に美味しい。このかには、多分スリランカカニだと思うのだが、蒸したカニを冷たくしうまみを閉じ込めるため、カニのうまみが凝縮して本当においしい。私は一人でかにを3匹か4匹ぐらいたべたような・・・ そして2時間ランチは本当に楽しい時間となりました。

みんなから、とTIFFANYのキーチェーンとカードをもらいました。キーチェーンは地球儀と飛行機がついていて「これでいつでもシンガポールからいろんな国に旅行をしたことを忘れないでね」という思いを込めたのだとか。メッセージカードはその場では読まないようにしました。

オフィスに戻って銀行に行き、出金や送金などをし、とうとうオフィスを去る時が来ました。一人ずつ挨拶をしようと席をたち、BevとNellieの所に向かったとたん涙が溢れてきました。Bevの青い澄んだ瞳を見たらなぜかどーっと涙が止まらなくなってしまいました。二人に慰められ、そして隣の部屋のSKやElvina、IvyとPhyllisもやってきてなんだかみんなで泣いてしまいました。楽しいところを去るというのは簡単なものではないのです。

お別れをした後、こっそりSKがカフェに行こうと誘ってくれました。彼とのつきあいは3ヶ月ぐらいと短いのだけれど、ただ過ごした時間はかなり長かったのでやっぱりそれは悲しいものです。ただ、彼は明日最後うちにも挨拶に来てくれるとのこと。

そしてディナーまで、最後キャンセルなどの手続きに奔走し、last supperはDa PaoloのBukit Timah店に行きました。Joan と Euniceが私のためにとテディベアとローカルクッキーと肉乾を買ってきてくれました。仲の良い友達とももうこうして年中ご飯を食べられないのか・・・とまた悲しくなった瞬間です。でも本当のお別れは明日。二人は明日空港で見送ってくれることになっています。とうとう明日が帰国なのか。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-04-07 00:38 | シンガポール名物たべもの