<   2006年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧
Savior @ Far East Square
会社最後の今日は、以前私が日本法人に勤めていた時に、私の上司的な役割を果たしていた元VP Marketingでイギリス人のChrisとランチ。私がこちらに移る直前にChrisは会社を辞めてしまったので残念ながら同じオフィスで働く夢は断たれたのだが、私の仕事生活の中で一番仕事がしやすかったのが彼だった。

さて、ここのSaviorは、フレンチのお店。Raffles Place MRTの近くにあるFar East Squareの中にあるレストランなのだが、Chrisのお気に入りの一つだとか。以前Chrisと初めてランチをした場所がここにだったので、今回はその思い出のレストランへ再来訪。ランチのフルコースの味はお墨付き。どれをとっても美味しい。

Chrisの会社は、最近NYに本社がある会社に買収されたようで、経営や仕事のやり方なども180度変わってしまったと嘆いていた。NYのこの会社は、今まではアメリカにしか展開していなかったドメスティックな会社だったらしいが、ヨーロッパとアジアにビジネスを展開していたChrisの会社と合併したことで、一気に国際企業になったらしい。ただ、今までドメだっただけあり、本社の人は「ドイツはアジアか?」とか「シンガポールは中国か?」というような、あり得ない質問をしてくるらしい・・・ Chris曰く、ヨーロッパ人とアメリカ人はコミュニケーションを取りたがらないからいろんな問題が起こるんだ、と。

VPなので私よりも10歳上はなれているのだが、彼はなんともフレンドリーで若輩者の私の話なんぞにも耳を傾けてくれる。そんなChrisと一緒にはたらけたらよかったのに。

楽しいランチも終わり・・・
そして夕方、みんなにお別れを・・・と思ったのだが、実は会社の送別会は帰国前日に予定されていることもあり、最後という感じはせず・・・そして、ディナーはNellieとJoanがまたもフレンチレストランに連れて行ってくれた!

はじめから夜はフォアグラがおいしいフレンチにいくと聞いていたので、お昼はフォアグラを我慢した私。ディナーでは思う存分いただきました。おいしかった・・・!3人でこうしてご飯を食べることももうないのかな、なんて思うとまたちょっと寂しさがこみ上げます。

すっかりおごってもらってしまったので、帰りのタクシー代はみんなの分も払おうとすると、「いいよ。来週払って!」と言われたのだが、「えっ!もう来週いないよ・・・」と応えると、二人とも「そっか・・・ なんで帰っちゃうの〜?」とうれしいことを言ってくれました。みんながそういってくれるたびに、私ももっと長くいられたらな、と思うことも何度もあるのだが、きっとそう思われるうちに帰るのがいいんだ、と思うようにしています。そして、会社最後の日がすぎていきました。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-03-31 19:44 | ダイアリー
ランチ×2回の木曜日
今日は予期せず、ランチのお誘いがほぼ同時に2つきた。しかも、どちらも断れないようなお誘い・・・ なので、ボスたちがいないのをいいことに(仕事ももちろん片付いていたので)ランチタイムを2回取ってみた!人生で初めてです・・・

はじめのお誘いは、DavidとSoon Keatから。朝にチャットでお誘いをいただいた。いただいたのはいいのだが、「Bondi Blueがおごってね」と! え?私のための会じゃなかったわけ?? と不満をぶつけると、 「僕たちをおいて帰国するなんて、許せないよ。せめてランチをおごって」・・・

最近、DavidとSoon Keatはつるんで "Anti Bondi Blue Campaign" なるものを展開していて、彼らを残して去ってしまう私を「いじめ」るんですね。"Hate Bondi Blue" とかポストイットに書いて私のPCにぺたぺた張ってあったり。今日は"I'm CEO and CFO of this campaign!"といって盛り上がっていた彼ら・・・ 子供だなーまったく。と思いつつ、結構かわいくて笑えてしまう。

とりあえず、MRTにのってRaffles Placeにいくことに。MRTを降りるとびっくりしたことに、Davidの友達で私のうちにも遊びにきたことがあるHowieとBenがまっているではありませんか!実はこのランチ、しっかりオーガナイズされていたらしい。そして私も大好きなこの二人。まさかこんな形でお別れランチをしてもらえるとは思わず、なんだかとってもうれしかった。平均身長185cmほどのジェントルマン(?)4人に囲まれてランチだなんて・・・ホストクラブに来たみたい?笑 ほめすぎか。

ホストクラブのあとは、ドイツ人の友人Marcelとのランチが控えています。同じRaffles Placeで会うことになっていたので、ホストクラブメンバーを紹介してからまたランチへ。さすがにもう食べれないので、私はサラダとドリンクを。彼とは久々に会うのだが、結構彼の周りでも帰国してしまう人が多いようだ。出入りが激しいのがシンガポール。仕方ないのだね・・・

そしてかなりの満腹でオフィスに戻ると、突然、はじめて帰国するということを実感し、涙が出てきてしまった。Davidがなんだかとても気の利いたことをいうのです。Anti Campaignはまだ続くらしいのですが・・・

そんなこんなで、明日が仕事納めです。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-03-30 02:00 | ダイアリー
シングルワーカーが集うバー
今日は夕方、Soon Keatとインド系の屋台でチャイこと、Teh Tarikでコーヒーフレイクをしたのりで、夜にバーに行くことにした。

前回、David, Ben, Jonathan, Soon Keatと私でオフィスの隣のホテルの70階にあるNew Asia Barに行ったのだが、今夜はSuntec Cityの入り口にあるバーに行ってみた。ここは、NABに比べると年齢層も若く、観光客も少なく、おしゃれなローカルやここで働く外国人たちが集うようなバーらしい。

シンガポールでは20:00、場合によっては21:00ぐらいまでハッピーアワーをやっているのだが、私たちもハッピーアワーの恩恵に授かりジントニックを4杯。駆けつけ4杯も!そして、ふと 一緒に飲んでいたSoon Keatの顔色が突然変わったと思ったら、なんと元彼女(しかも日本人)とばったり対面。おまけに隣の席。なんだか気まずい終わり方だったようで、隣から冷たーい視線を感じたのは私の気のせい? こわいよ〜!

私はアルコールでおなかが一杯だったのだが、Soon Keatはご飯を食べたいと言い出すので、Suntecのフードコートへ。私はだいぶ酔っていたのか、かなりぼーっと彼の食事姿を眺めていたような・・・ 私もお酒が弱くなったのかしら? シンガポール生活のこり10日がこうして始まったのでした。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-03-30 01:29 | ダイアリー
Lunch @ Clarke Quay
とうとうこの会社での最後の週が始まった。
午後はクライアントトレーニングが控えていたのだが、リージョナルファイナンスディレクターのGeok Suanも明日早朝に例の3+9ミーティングのためにUKに飛び立ってしまうため、ランチをごちそうしていただいた。

なんともびっくりしたことに、"Peter(Geok Suanの旦那さま)をここ(オフィス)に車で迎えにこさせるから、車でClark Quayのレストランまでいきましょう!あそこにおいしいインドカレーのお店があるの"と、旦那さまをタクシー代わりに使ってわざわざリバー沿いのレストランまで行くことに。さすがシンガポール女性・・・強者だ。

というわけで、Geok Suan, Peter, Ivyと私でランチをごちそうになった。GSとPeterはまだ数年前に結婚したばかりの新婚。GSが40歳で結婚してすぐお子さんをもうけたのだが、彼女、すごくおしゃれで素敵。30前半ぐらいにしかみえないのはやっぱり結婚が遅かったのであまり所帯染みていないからなのかしら・・・?
彼女はかなりの日本好きで、北海道に2回、本州、九州も旅行したことがあるらしく、来年また日本に行くわ!と張り切っていた。みんなとはなれてしまっても、こうして遊びにきてくれたら私もうれしいな。

そしてタンドリーチキン、かなり頼みすぎて打包(テイクアウトのシングリッシュ)しました。オフィスでもかなりにおう・・・
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-03-27 23:40 | ダイアリー
Miss Singapore Universe 2006
日本にいた時には、ミス・ジャパン・コンテストというものがいつ行われ、参加者はどんなひとで、誰がどうやってミス・ジャパンを選んで、そして誰が選ばれたのか全くもって知らなかった。友達との会話の中でも、ミス・ジャパンやミス・ユニバースの話をした記憶もほとんどない。

シンガポールでは、テレビでよくミスコンテストの紹介番組やライブ放送などをやっている。少なくとも、私がここに来てからはMiss Singanpore 2005とMiss Universe 2005の番組が放送されていて、どちらもものすごいプロモーションをしていたので、ついついどちらの番組も見てしまったほど。そしてこれから、Miss Singapore 2006が開かれる。今日はこのMiss Singaporeとシンガポール女性の美についてかんがえてみた。

現在候補は現在25人いるのだが、先日ファイナリストの一般投票が行われ18人にしぼらた。4月9日のグランドファイナルで今年のミス・シンガポールが選ばれるらしい。優勝賞金は、S$25,000(約180万円)。ちなみに、選ぶのは一般視聴者のようで、SMS(携帯から送るショートメッセージ)で投票する。なので、かなり頻繁にファイナリストたちを紹介するミニプログラムがテレビで放映されていたり、CMでもいつ投票だとかいうことを流しており、興味がなくても目に入ってくる。

Canonがスポンサーをつとめているらしく、ミス・シンガポールに輝いた人に投票した人の中からCanonカメラが当たるとのこと。まさか、それを目当てにシンガポリアンたちはこの番組見てるんじゃないよね・・・笑 その後、このミス・シンガポールはミス・ユニバースにシンガポール代表として出場するようだ。

日本では昨年のミス・ジャパンがだれだったかもあまり知られていないようだが、もっぱら私のオフィスでは「あの日本人の子、インド人みたいな顔じゃない?鼻が大きくて」「化粧が濃すぎだ」とウワサされていた。化粧の仕方や髪型が典型的な日本人の若い女性だったのが印象。

さて、現在どんなひとがMiss Singaporeのファイナリストに残っているかというと・・・ これがまた、ぱっとしない。こういうとちょっと横柄かもしれないが、そこら辺にいそうな人たちが多く、ぱっと美しい人がいない。よっぽど街を歩いている方が美しい人がいるのだが・・・ただ、よくシンガポリアンたちが口にするのは、「インナービューティー」とか「ナチュラルビューティー」という言葉で、外見だけではなく内面からくる美しさを大切にしている風がある。なので、外見的にもシンガポール女性たちは結構ナチュラル。ファンデだけであとは眉を書いたり、アイシャドウやマスカラ、口紅をする人は結構少数といえる。もちろん、ファイナリストたちもけっこうなナチュラルさ。昨年のミスジャパンの「化粧が濃い」というのも分かる。昨年のMiss S'poreもそれほどの美人ではなかったが、彼女のスピーチや信念なども投票にかなり影響しているようだ。

勝手な推測かもしれないが、私の周りのシンガポール女性たちを見ていると、キャリア志向が強く、仕事への熱意もかなり高いと言える。男性たちに負けないよう、知識や教養を身につけ、外見だけが一人歩きしないようにバランスをとろうとしている部分がある気がする。なので、美人なだけで自分がない人をよく思わない節がある。でもちょっと間違うと、主張が強すぎてびっくりすることもあるのだが・・・

ことしのMiss Singaporeはどんな女性が選ばれるのでしょうか?
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-03-25 19:13 | シンガポールニュース
My Humble Houseで上司とランチ
この会社とも、あと1週間でお別れとなる。日本帰国に伴い、日本法人には戻らずに退職することにしている。(ただ、日本法人からはなにかにつけてお誘いをいただいているがどうも・・・ね・・・)

b0043951_22492292.jpgちょうどこちらでは、第1四半期が終了するため、Q1の成績や残り9ヶ月の経営戦略("3+9")を話し合うシニアマネジメント会議が本社のロンドンで開かれるらしく、来週私のボス、Poh Hwaともう一人の陰のボス、オージーのAimeeはシンガポールにはいない。つまり、今日が彼らとの最後の日となるわけで、彼らがEsplanadeにあるMy Humble House 寒舎でランチをごちそうしてくれた。


b0043951_22491129.jpgここのお店は、Tung Lokグループが経営しているレストランの一つ。Plaza Singapuraに入っている老北京もここの系列店のよう。フュージョンチャイニーズといった感じで、店内はモダンな中にもクラシックな感じが漂う。上司の心遣いで、高いコースをいただくことに。盛りつけも美しい創作料理を出してくれた。

Poh Hwaは直属の上司であったが、Regional VP Marketingなので本来私のようなコンサルタントを部下に持つことはないのだが、Regional officeにはコンサルタントが私しかいないため、彼が私の直属上司ということになった。彼は過去IBMのVP、AppleのVPを勤めた後私たちの会社にやってきたやり手。彼がやってきてからリージョンの売り上げは伸びている。そんな彼はものすごいマイホームパパでもあったりする。6時にはオフィスを出て、中学生の娘さんたちを習い事に連れて行く。娘さんもたまにオフィスに遊びにきていて、年頃なのになんと仲のいいこと・・・そしてまた、お行儀も良い。そしてこのお嬢さん、なんと過去にシンガポール共通学力テストで全国総合1位をとったこともある才女。もちろん学校はRGS!!(Raffles Girls School。シンガポールで一番優秀な学校)やはり親がよいと子供も違うのね・・・

Aimeeは昨年大抜擢されてRegional VP Productに大昇格。彼女は結婚したばかりだったのだが、VPはシンガポールに席を移さないといけないため、旦那さんは仕事をやめてこっちの大学院に入り、彼女の転勤についてきた。すばらしい。そんな彼女は、プロダクトの開発と販売戦略を上手く切り盛りし、手腕を発揮している。ご両親とも起業家だそう。なるほど。

この二人は、とにかく私が今まで仕事をしてきた中でも秀でて頭の回転が速い。瞬時にProsとConsを計算して、私何ぞでは考えつかない解決策と対処法をぱぱっと出してくる。そしてプレゼンの仕方が非常に上手い。言葉の遣い方や選び方、表情も、スライドの作り方も・・・ とにかくいっぱい勉強させてもらいました。感謝しています。

あと仕事は5日。トレーニングの講師を1.5日勤めなければならず、(しかも英語)最後に嫌な仕事が入ったものだ・・・でも、楽しく、最後の日を迎えたい。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-03-24 22:30 | ダイアリー
甘いもの大好き!
シンガポール人もマレーシア人、本当に甘いものが大好きだなぁ・・・と日々思います。こちらで売っている缶やパックのお茶、緑茶にしても、紅茶にしても、菊茶にしても、ジャスミン茶にしても、ぜーーんぶ甘い!

b0043951_22153775.jpg緑茶が甘いというのは、かなり衝撃的だった。でもその緑茶、ポッカのなんだけどね・・・ 

オフィスの冷蔵庫にはこの緑茶がどっさり入っています。緑茶以外にオフィスにおいてある飲み物は、ミロに豆乳、菊花茶・・・全部甘い飲み物。甘い飲み物以外には、お水しかない私のオフィス。仕方なく飲み始めた甘い緑茶も、今ではこれも甘いと感じないほど舌が麻痺してきた。これはやばい!


先週日本から遊びにきてくれたhanulがお土産でくれたCLUB HARIEのバームクーヘンをオフィスのみんなにふるまってみた。もちろん甘いものに目がない彼らには大好評!同僚の一人Phyllisは「こんなおいしいお菓子食べたことない!どこで買ったの?」と。「友達が日本からお土産で持ってきてくれたんだよ」というと、「やっぱりねー。シンガポールでも売ればいいのに!」!!シンガポールでは日本のお菓子の評判はかなりのもの。日本の洋菓子って世界トップクラスですもの!

ランチやディナーを一緒にしても、その後決まって「デザート食べない?」と言ってくる。おかげで私は体重が5Kgも増加・・・ 人生初めてのダイエットを始めることになるかも?!
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-03-23 21:21 | シンガポール文化
Mayang Sari - Bintan, Indonesia
b0043951_2044567.jpg彼が祝日を利用をしてシンガポールにやってきてくれました。今度こそ、これが最後の訪問。私がここに移ってきてから、彼と一緒にマレーシアやタイなどのリゾートにはいったものの、一番手近なインドネシアのビンタン島に行っていなかったことを思い出し、今回この島で2番目に高いリゾート、Mayang Sari/マヤンサリに3日間行ってきました。ビンタン島は1年ぶり。なんだかついこの前の気がするが。


b0043951_20445615.jpgMayang Sariはシャレーしかないリゾート。シャレーの数も少ないため、早めに予約を取らないとすぐ一杯になってしまうほど、シンガポリアンにも人気リゾートの一つ。ヤシの木や南国の木々が茂る中に佇むシャレー。もちろんビーチもプライベート。そもそも宿泊客の数が少ないこともあり、こんな美しいビーチもひっそり。

 b0043951_20455995.jpg砂浜をてくてくお散歩をしていると、砂の上に文字が。シンガポリアンのカップルかな?とってもかわいい。"Kiat loves Joanne" だって。

b0043951_2048362.jpgちょうど雨期が終わった頃なので、海の色も美しいエメラルドグリーン・・・意外にも結構透明度が高いんです。波遊びでは飽き足らず、海にもしばらく入りました。というのも、やっぱり暑いのでデッキチェアで何時間も本を読んでいると汗が流れてくるのです・・・ 海水温度は結構暖かく、とても心地よい・・・

b0043951_022545.jpgb0043951_0224012.jpgシャレーの数は少ないのですが、敷地は広大!もちろん隣のリゾートにはそうそう簡単に行ける距離ではないため、敷地内にいくつかレストランがあります。Kelongという生きている魚やかになどをいけすに入れ、その場で調理してくれるレストランは、最高!新鮮でおいしく、安いシーフードにありつけます。また、リゾート内のレストランでは、ローカル料理(Red SnapperとGado Gado)などもいただきました。おいしい!

彼とはこの3日間を通して、私が日本に帰国してからのことなどを話し合いました。1年半ただはれていただけではなく、シンガポールと日本での別々の生活を送っているため、どうしても見えない溝ができてしまうこともあると思います。実のところ、私も1年半前の自分と今の自分を比べたら、よくも悪くも、かなりの変化があると思っています。そういった意味でも、今後のことについて二人で真剣に話し合いができてよかったのかもしれない。

さて、ビンタンはシンガポール政府も協力して作ったリゾート。やっぱりシンガポールドルも使えるし、見た目もどこかシンガポールっぽいんだな・・・
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-03-23 00:30 | 世界を歩いてみよう
荒川静香!
遅ればせながら・・・
トリノオリンピックで金メダルを取った荒川静香のスケートをみることができました。シンガポールでも、ケーブルテレビのスポーツチャンネルではオリンピックをみることができたようなのですが、一般的にはウィンターオリンピックが開かれていたこと自体、あまり周知されていないようでした。

同僚のDavidは夜中オリンピックをみていたようで、ちゃっかり荒川静香が金メダルを取ったときにも見ていたらしい。「彼女かわいいね〜」と。私はスポーツチャンネルを入れていないので、その瞬間を見ることはできず、次の日のY!で少ない写真と記事を読んで、勝利を喜んでいたのでした。

そんなとき、こちらの日本人の友人、コトコちゃんがこのフィギュアのすべてを東京にいるご両親にDVD録画を頼んでいたというではないですか。そしてとうとう、そのDVDが私の手元にもやってきました!女子フィギュアのフリー、なんと荒川静香だけではなく、全員見てしまいました。なんと4時間!そして荒川静香、美しいではないですか!!私は涙が出てしまいました。

エキシビションももちろん見ました。これも全部はじめから見たので3時間ぐらいかかったかもしれません。連日11時ぐらいから見始めたので、寝不足・・・ そして、もうオリンピックが終わってだいぶたつというのに、昼間ひとりで荒川静香の話で盛り上がり、「感動で泣いちゃったよ!」という発言をする私を同僚たちは「なんと熱い日本人・・・」と思ったに違いありません。いやーすばらしかったですね!
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-03-18 11:15 | ダイアリー
Botanic Garden -Halia
b0043951_2056164.jpgb0043951_20292356.jpg週末、日本人の友達とBotanic Garden内にあるHaliyaというレストランでブランチをしてきました。屋根付きのデッキで美しい木々を眺めながら料理を楽しめるのがいい。とっても開放的!Haliaとはマレー語でジンジャーの意。そう、ここはGinger Gardenの中にあるレストラン。この赤い花を咲かせる木もジンジャーの一種だそう。


b0043951_20301228.jpgb0043951_20303227.jpg注文したのは、シーザーサラダとHaloumiチーズとアボカドサンド。シーザーのチキンはグリル度合いが絶品!


b0043951_2104354.jpgb0043951_2105793.jpgブランチの後は、大きなこのガーデンを少し散歩してみました。うっそうとした木々の中をどんどん進むと、ながく伸びた枝がこんがらがっている木や大きなマングローブなどに出会いました。途中まではいいお散歩だったのですが、眠くて体がだるくなってきたのです。雨期が終わり急激に暑くなったシンガポール。森の中は涼しかったはずなのに、まさか日射病・・・?それとも昼からワインを飲んだせい?!その後家に帰ってから3時間もお昼寝・・・ 優雅な日曜日・・・
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-03-14 21:11 | 観光しよう、シンガポール!