カテゴリ:シンガポール名物たべもの( 27 )
Tang Yuan/汤圆
シンガポールには昨年夏に行って以来、なかなか行く機会がないのですが、それでも週に1回ぐらいは誰かしらシンガポールにいる友人達とはチャットしたりメールしたり、細々と、でもしっかり繋がっています。
今日は私が大好きなシンガポールデザートをご紹介。シンガポールのフードコートやホーカーには必ず、このようなデザートストールがあります。かき氷のようなIce Kachang、お汁粉を薄めたような小豆のスープ・・・いろんな種類があり、中にはHOTかCOLDかを選べるものもあります。大体S$1.5〜2ぐらいが相場でしょうか。シンガポールにいた頃は、毎日こういったストールでデザートを食べていました。

b0043951_21253437.jpg中でも私が大好物だったのがTang Yuan。中国語で汤圆と書いて、"タン ユェン"というような発音をします。白玉の中に小豆のペーストやピーナツペーストが入っていて、ローズシロップなどのスープにこの白玉が5つぐらい入って出てきます。日本では私の知る限り、これを食べられるところは聞いたことないのですが、こんな冷凍Tang Yuanが入手できれば、おうちで楽しめるんですが。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2008-02-11 22:18 | シンガポール名物たべもの
やっぱり美味しい!懐かしいシンガポール料理!
今回の旅行はたったの6日間だったのだけれど、私が仲良くしていたシンガポール人の友人EuniceとJoanが私の滞在中、有休を取って仕事を休んでくれた。しかも、'Bondi Blue's Singapore Trip Itinerary' なる細かい滞在スケジュールを作ってくれた。おかげで、三人で平日の昼間から当時毎月通っていたエステに行ったり、ペディ&マニキュアに行ったり、そしてちょうど国をあげてのGreat Singapore Saleまっただ中だったのでショッピングをしたりと充実した滞在になったことは言うまでもない。そして、さらに満足度を高めてくれたのがやっぱりシンガポールのローカル料理。好きなもの三昧でした。一部をご紹介。

b0043951_23241197.jpgこちらはBan Mian/板面。Ban Mianは私の大好物で、あっさりしたスープにきしめんのような麺、Ikan Bilisという小魚、卵、菜っ葉などがはいっており、シンガポールのホーカーメニューの中では意外にヘルシーで栄養バランスが良いのでよくお昼に食べていました。ちなみに、Raffles Cityの3階のフードコートの奥にあるHand Made Noodleのお店は、一番おすすめのお店です。

b0043951_23334913.jpgb0043951_23343667.jpg左は腸粉/Cheung Funといって、ぷるぷるの皮の中に海老を入れたものやチャーシューを入れたものなどがあり、醤油と油と甘いシロップに薬味とごまをかけてあります。右はMinced Pork Noodleで、私はドライで麺はMee Pokで頼みます。チリの味噌が入るのでぴりっとした麺ですが、ドライだとスープが別に付いてくるので一緒に飲めばちょうどいい感じです。

b0043951_2335228.jpg今回は懐かしいローカル料理をお腹いっぱい食べたい!と思っていたので、いろんなホーカーに足を運びました。こちらはとある有名ホーカーセンターのChilli Crab。特にWhite Pepper Crabが有名だそうでこれもオーダーしたところ、期待以上の美味しさ!Chilli Crabは生姜の味が強すぎたのでNo Sign Boardの方が美味しいかも。この日は3人でBaby Kailanの炒め物、Crayfishペッパー炒め、Prawnsb0043951_23355689.jpgb0043951_23361185.jpgの蒸し焼き、Cuttle Fishのチリ炒めなどを頼んだため、完食するのにだいぶかかりました。でもこれだけ食べて、S$100ちょっと。やすいわぁ!

b0043951_23362841.jpg他にもKotokoちゃんとは私が好きな場所だった一つ、Dempsey Rd.に行きました。ここは実は知る人ぞ知る秘密の場所だったのですが、ここ1年でかなり開発され一挙にレストランが立ち並ぶ人気スポットに大変身!ここにはThe Wine Companyという本当に手頃な価格でワインを飲めるレストランがあって、よく週末に訪れたものです。今回の滞在では、マレーシア人の親友とHabour Frontに新しくできたVivo Cityに食事に行ったり、Mt.Emilyにある素敵なフレンチのレストランに行ったりもしました。楽しい時は本当にあっという間に過ぎ去るのですね。懐かしい思い出に浸りながら、笑いの絶えない滞在となりました。またすぐ行きたいな!
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2007-07-28 23:08 | シンガポール名物たべもの
新年もシンガポールから!
すっかり年も明け2007年になってしまいました。
今年はなんと厄年のようなのですが、無事に一年が過ぎますように・・・

さてさて、今年も年明けからさっそくシンガポールの友達、Euniceが遊びにきてくれました。彼女の勤めていた会社が日系の会社と合併し、日本への出張が入ったようで、出張にかけて数日長く滞在することになったのです。年内から指折り数えて楽しみにしていた彼女の来日。私がシンガポールを去って早8ヶ月。8ヶ月ぶりの再会なのです。

b0043951_23123026.jpg前回Joanが11月に遊びに来てくれたときにもそうでしたが、Euniceもまた懐かしいローカルグッズを届けてくれました。まずは右上のBengawanSoloのパイナップルタルト、そして左は芝麻香餅!パイナップルタルトはタルト生地の中に煮詰めたパイナップルのフィリングをつめたもので、男性の親指ぐらいのサイズのお菓子。BengawanSoloといえば、シンガポールでは高級お菓子の代表格。ほどよい甘さでおやつにぴったり!
b0043951_2314177.jpgそれ以外にも、私の大好物のPapadumを買ってきてくれました。Papadumはインド料理に出てくるスナックのようなもので、見た目は大きな1枚のポテトチップスという感じです。前回Joanが買ってきてくれたときには、なんと既に調理されているものが袋詰めされていたものだったので、私の手元に届くころには、もう粉々・・・ その話を知っていたEuniceは、未調理のものをこれまたたくさん買ってきてくれました!

チャイニーズ系の彼女たちに、"Papadumを買ってきてほしい"とお願いしたところ、二人は"何それ?"といって知らなかったのには驚きました。"私たちインディアンじゃないから知らないわ~"と。シンガポールでインド系のストールに行ったら絶対出てくるんですけどね。人種が違うと結構無頓着だったりするようです。

さて、今年もシンガポールとの接点をもちながら、楽しく過ごしたいと思います。
そして2007年もどうぞよろしくおねがいします!
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2007-01-11 21:06 | シンガポール名物たべもの
シンガポールのヌードル
先週の木曜日から5日間、シンガポールの友人Joanが遊びにきました。
前の職場で仲が良かった彼女とは2006年になる年末年始に一緒にシドニーに遊びに行ったりしたほどの仲の良さ。そんなこともあって、ちょうど休みが取れたJoanと、仕事で東京に来ることになっていたAudreyが来日。
b0043951_20555178.jpgb0043951_2056558.jpgお土産もどっさり持ってきてくれました。まず、シンガポールでインド料理のお店にいけば大体いつも出てくるパパダム。PapadamとかApalamとか、スペルはいろいろあるようです。自分で揚げるものもあるのですが、今回は既にできているものを買ってきてくれました。そしてシンガポールではどこでも売っているヌードル。今回はKway Teow と Yellow Mee。これでChar Kway TeowもLaksaも作れます!

b0043951_205622100.jpgついでに、日本ではあまり売っていないコルゲートの歯磨き粉もたっぷり買い込んできてもらいました。笑。
 Audreyは仕事もかねた来日だったのでニューオータニに宿泊し、Joanは私たちの住むコンドミニアムにある宿泊施設に泊まりました。大きなリビングとベッドがあるゲストルームで一晩4,000円とは!ホテルよりも全然広くて快適とあって、Joanはかなりお気に召したよう。滞在中は浅草に行ったり、お台場に行ったり、買い物に行ったり大忙しでした。残念だったのはちょうどハロウィーン前の最後の週末だったこともあり、ディズニーランドに行ったら入場制限をしていて残念ながら行けませんでした・・・ディズニーランドが入場制限するほど混んでるとはかなり意外。そんなこともありましたが、良い思い出です。来年の結婚式は、シンガポールの友達たちがこぞってやってくると計画しているらしく、ちょっと不安ですが・・・
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-10-31 20:56 | シンガポール名物たべもの
疲れた時は Teh Tarik
慣れない仕事に体が疲れる毎日。おかげで、肩こりがさらにひどくなり、今は週2回もマッサージに通っている私。とほほ・・・

b0043951_22133187.jpg仕事の途中、ちょっと疲れたらやっぱりあまーい飲み物が一番。というわけで、シンガポールで買ってきたインド系やマレー系の人がよく飲むTeh Tarik。Teh Cとちょっと似ているミルクティー風なものですが、入っているのはコンデンスミルク。Teh Cともによく飲んだ飲み物でした。Teh Tarikは、ローカル風の発音にすると、テタレッという感じです。

リトルインディアに行くと、このTeh Tarikを出すレストランが多くありますが、その作り方はちょっと変わっていて、片方の手にTeh Tarikが入ったカップ、もう方の方の手にからのカップを持ち、Teh Tarikを勢い良く上から下へとこぼし、下のカップで受け取ります。これを数回するんですよね。その効果がよくわからないのですが。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-07-13 22:25 | シンガポール名物たべもの
Kaya jam / カヤジャム
先日、シンガポールの友人Euniceから差し入れがありました!いろいろと頂いたのですが、今日は一番うれしかったものからご紹介。

b0043951_935416.jpgそれがこちらのKaya Jam!このKaya/カヤはココナツミルクのジャムでパンダンリーフの緑色をしているのが特徴。結構甘いのだけれど、薄めのトーストをこんがり焼いて、熱いうちにこのカヤジャムをぬり、スライスしたバターをのせて食べるのがシンガポール風。頂いたのは、シンガポールでは多くチェーン展開しているYa Kun / ヤ・クーン/亚坤のもの。私が働いていたオフィスのビルにも入っていたので、よく朝ご飯に食べた懐かしい味です。シンガポールでは、朝食にカヤトーストを食べる人も多くいます。半熟卵にダークソイソースをかけたものと先日ご紹介したTeh Cを一緒にオーダーするのが一般的。

昔、シンガポールに移民した多くの人は、熱心に国の開拓に力を注いでいました。毎日体力勝負の仕事をこなすには、この甘いカヤジャムをぬったトーストと、半熟卵を2つ、そしてTeh Cを一緒に飲んで疲れを取っていたそうです。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-06-27 09:48 | シンガポール名物たべもの
Teh C / テイ・シー
シンガポールで大好きな飲み物のひとつに、Teh C / テイ・シー と呼ばれている飲み物があります。

ホーカーやフードコート、カヤトーストのお店なんかに売っています。あまーいミルクティーのようなものなのですが、シンガポールではこれを「ミルクティー」なんて読んじゃいけません!"Teh C, da pao!"/テイ・シー ダーパオ!(Teh Cを持ち帰りで!)っていってみましょう。

さて、このTeh C、私もたまに作ります。カップの中に、エバミルク/Evaporated Milkをいれ、濃い紅茶を注ぐと出来上がり。エバミルクは結構入れないとあの甘さにはなりません。こんなもの、毎日飲んでたから太っちゃったのかしら・・・

それ以外にもいろいろシリーズがあるんですよ!覚えておくと注文が楽々~!
Teh O ・・・ 砂糖入り紅茶
Teh kosong ・・・ ミルクティー(砂糖なし)
Teh halia ・・・ ジンジャーティー
Teh ice ・・・ ミルクと砂糖入りアイスティー

紅茶はTeh/テイでしたが、コーヒーはKopi/コピといいます。
Kopi O ・・・ 砂糖入りコーヒー
Kopi C ・・・ エバミルク入りコーヒー
Kopi kosong ・・・ ミルク入りコーヒー(砂糖なし)
Kopi ice ・・・ ミルクと砂糖入りアイスコーヒー

是非試してみてくださいね!
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-06-22 20:24 | シンガポール名物たべもの
チキンライスを作る!
b0043951_11133676.jpg日々シンガポールのローカルフードを懐かしく思う私は、とうとうチキンライスを作ってみました!いかがでしょうか?この他、チキンライスと一緒に出てくるチキンのスープ、このスープで炊いたライス(しかしタイ米が手近になく日本米で・・・)も一緒に作りました。香菜も購入し、見た目的にも結構いい線いってませんかね?もちろんお味もなかなか。家族で食しました。

さーてどうやって作ったかというと・・・実は、シンガポールで買ったチキンライスのもとを使ってしまいました・・・ というのも、実際これを一から作るとなるとパンダンリーフやらなんやらちょっとすぐ手に入りそうにないものもあるし、結構手間がかかりそうだったので・・・と言い訳。

b0043951_11134984.jpg海外に住むシンガポール人が母国の味を懐かしむ時に、よくこのブランドを購入すると友人たちから聞き、私も日本帰国前にそのおすすめシリーズをいくつか購入。Prima Tasteというブランドで、高さ25cmほどの割と大きな箱に入っていてどっしり重い。

b0043951_1114080.jpgこの重い箱を開けると、いくつもの調味料が入っている。こういうインスタントパックは通常ひとつのパックで、そのひとつを「まぜる」だけでできてしまうが、Prima Tasteは工程がいくつも別れ、その工程ごとに別々の調味料を使っていく。インスタントだけどひと手間かけるシリーズ。その分、ただ混ぜるだけシリーズよりもぐんと美味しい。

シンガポールのスーパーどこでも売ってる訳ではないようなのですが、とりあえずCarrefourには売ってます。普通の混ぜるだけのものはだいたいS$1〜2ですが、さすがにこれはもうちょっと高くてたしかS$5〜7ぐらいだったかな。いろんなシリーズがあります。シンガポールにいく機会がない方!ネットでも購入できますよ。Prima Tasteサイトをご参照ください!
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-05-12 01:17 | シンガポール名物たべもの
Kit Kat Cherry Blossom味発売!
シンガポールから離れても、1日1回はシンガポールの友達とチャットをすることが欠かせません。ここ最近、シンガポールは激しい雨に見舞われていて、雨期のようだとか。

b0043951_21491361.gifそんなシンガポールで、最近発売されたCherry Blossom味のKit Kat!!シンガポールには普通のキットカット以外、Lemon Cheesecake フレーバーしかないので、私が日本に帰国する度、お土産としてさまざまなフレーバーのKit Katをシンガポールに持って帰ったものです。もちろんシンガポールのみんなにも大人気!

シンガポールの友達は、このサクラ味がシンガポールで発売になる以前に、私が買ってきたこの味を試したことがあるため、ちょっと鼻が高いんだそう。私はそろそろ、シンガポールのホーカーセンターの食べ物の味が懐かしくなってきました・・・
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-04-20 21:08 | シンガポール名物たべもの
Cold Crab で Farewell Party!
私の会社のフェアウェルは帰国前日で金曜日の今日行われた。幹事役のJoanからどんなところに行きたいかと質問され、すかさず彼女に伝えた条件は;
   1.私がまだ行ったことがないレストラン
   2.cold crab(またはシーフード)が食べられる

それに対して彼女は、まず私が行ったことない有名レストランはシンガポールに10%ぐらいしかのこってない!と。それでもみんなで知恵を絞って出た答えが、Singapura Restaurant!Selegie Rd.にありカニで有名なお店。名前は知っていたのだがかには少人数で食べるのが難しいので行く機会がなかった店についに足を踏み入れることに!

場所がいまいち分からなかったのでまずオフィスに行ってごあいさつ。私の席は当たり前だが誰も座ってなくてなんだか不自然。オフィス全員が参加してくれた。ただDavidはMCで休みだったが。

レストランでのCold Crabは本当に美味しい。このかには、多分スリランカカニだと思うのだが、蒸したカニを冷たくしうまみを閉じ込めるため、カニのうまみが凝縮して本当においしい。私は一人でかにを3匹か4匹ぐらいたべたような・・・ そして2時間ランチは本当に楽しい時間となりました。

みんなから、とTIFFANYのキーチェーンとカードをもらいました。キーチェーンは地球儀と飛行機がついていて「これでいつでもシンガポールからいろんな国に旅行をしたことを忘れないでね」という思いを込めたのだとか。メッセージカードはその場では読まないようにしました。

オフィスに戻って銀行に行き、出金や送金などをし、とうとうオフィスを去る時が来ました。一人ずつ挨拶をしようと席をたち、BevとNellieの所に向かったとたん涙が溢れてきました。Bevの青い澄んだ瞳を見たらなぜかどーっと涙が止まらなくなってしまいました。二人に慰められ、そして隣の部屋のSKやElvina、IvyとPhyllisもやってきてなんだかみんなで泣いてしまいました。楽しいところを去るというのは簡単なものではないのです。

お別れをした後、こっそりSKがカフェに行こうと誘ってくれました。彼とのつきあいは3ヶ月ぐらいと短いのだけれど、ただ過ごした時間はかなり長かったのでやっぱりそれは悲しいものです。ただ、彼は明日最後うちにも挨拶に来てくれるとのこと。

そしてディナーまで、最後キャンセルなどの手続きに奔走し、last supperはDa PaoloのBukit Timah店に行きました。Joan と Euniceが私のためにとテディベアとローカルクッキーと肉乾を買ってきてくれました。仲の良い友達とももうこうして年中ご飯を食べられないのか・・・とまた悲しくなった瞬間です。でも本当のお別れは明日。二人は明日空港で見送ってくれることになっています。とうとう明日が帰国なのか。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-04-07 00:38 | シンガポール名物たべもの