カテゴリ:観光しよう、シンガポール!( 20 )
1年ぶりのシンガポール!
b0043951_2192513.jpgシンガポール帰国して、なんと1年2ヶ月もたってしまった。この間、シンガポールに遊びに行きたいと思っていたけれど、仲良しのシンガポール人の友達たちがこぞって日本にきてくれたこともあり、結局のところ行けずじまい。しかし、チャンスは突然やってきたのです。彼は相変わらず仕事が忙しい。だったら、三連休にかけて前後に数日休みをくっつけて、たまりにたまったマイレージを使ってシンガポールに行っちゃおー!ってことで善は急げ。さっさとチケットを予約。で、突然行ってきました!

b0043951_2227456.jpg  いやぁ〜、1年とはいえあまりのシンガポールの変わりぶりにはびっくりですね。観覧車がMarina South付近に建設中だし(でも、クルマが付いていないので丸い輪だけ)、新しいショッピングセンターも次々できてたし、City Hall MRTの近くにはトンネルまでできてるし。そして、日本と同じくシンガポールもドーナツブームらしい。これはSuntec Cityにあるドーナツ屋さん。長蛇の列。Raffles Cityの地下もリノベされて広くなっていたのだけれど、そこにも別のドーナツ屋さん。もちろん長蛇の列。これは新宿のKrispy Creamと通ずるものがある。

b0043951_22395161.jpgさて、ちょうど私が行った時は、8月のNational Dayに備えて予行練習などが行われていました。National Dayはシンガポール人にとっては大きな意味を持ち、国民の一体感を高める重要なイベント。行進あり、花火あり、航空ショーあり、有名シンガーのパフォーマンスあり。なので予行練習は数ヶ月前から毎週行われ、その度に市内の道路が封鎖されたり空で飛行機がぶんぶん飛んだりと結構迷惑なこともあります。シンガポール国旗は全家庭に配布され、国営住宅/HDBにはずらーりと国旗が飾られます。今年はもうPadangでは行わず、Marina Bayのスタジアムに移るようですね。

今日はここまで。シンガポール日記は明日も続きます・・・
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2007-07-27 22:12 | 観光しよう、シンガポール!
Botanic Garden -Halia
b0043951_2056164.jpgb0043951_20292356.jpg週末、日本人の友達とBotanic Garden内にあるHaliyaというレストランでブランチをしてきました。屋根付きのデッキで美しい木々を眺めながら料理を楽しめるのがいい。とっても開放的!Haliaとはマレー語でジンジャーの意。そう、ここはGinger Gardenの中にあるレストラン。この赤い花を咲かせる木もジンジャーの一種だそう。


b0043951_20301228.jpgb0043951_20303227.jpg注文したのは、シーザーサラダとHaloumiチーズとアボカドサンド。シーザーのチキンはグリル度合いが絶品!


b0043951_2104354.jpgb0043951_2105793.jpgブランチの後は、大きなこのガーデンを少し散歩してみました。うっそうとした木々の中をどんどん進むと、ながく伸びた枝がこんがらがっている木や大きなマングローブなどに出会いました。途中まではいいお散歩だったのですが、眠くて体がだるくなってきたのです。雨期が終わり急激に暑くなったシンガポール。森の中は涼しかったはずなのに、まさか日射病・・・?それとも昼からワインを飲んだせい?!その後家に帰ってから3時間もお昼寝・・・ 優雅な日曜日・・・
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-03-14 21:11 | 観光しよう、シンガポール!
Geylang/ゲイラン
今日はかなり珍しく、残業。7時過ぎまで仕事が終わらなかったのだが、さらに珍しいことに他にも5名も残業していた。シンガポールでは珍しい。

残っていた人のうち独身者のElvina, Soon Keatそして、私でディナーを食べることに。今日はGeylangまでタクシーで行ってみました。

Geylangというと、ちょっといかがわしい一角ということで知られていますが、それ以外にもおいしいお店がいっぱいあることでも有名です。私たちはSoon Keatのお気に入りという、Claypotのお店にいってきました。大きな土鍋で炊いたご飯。おこげもいい感じ。ダークソイソースをたっぷりかけていただきます。かなり満腹。

でもやっぱりデザートはシンガポール人にとっても別腹らしい。ここでは男性も甘いものをよく食べるので今日もまた、男性のSoon Keatが誰よりも早く「デザート頼む?」と。デザートはヤムイモをペーストにしたデザート。なめらかで濃厚な味がたまりません!

このお店はLorong35にあります。そのすぐ近くにはCrab bee hoonのお店もいくつかあり、その一角はCrab bee hoonで有名なようです。また、GeylangのLorong19にはこれも有名なFrog Leg Porridgeのお店もあります。私はどうしてもこのカエルの足のお粥だけは食べる気になりませんが・・・ 他にもGeylangは'ライトの街'とも呼ばれていて、ネオンサインもそうですが、ランプや照明などのお店も軒を連ねます。Aljunied MRTの横の大通りに面した一角はドリアンの屋台が並びます。とにかく、Geylangはすごいアジアな感じの場所!こういうところはローカルの人といくのが一番。今日も二人がいろいろと解説してくれたおかげで、またシンガポールのことを学べたかな。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-03-10 01:04 | 観光しよう、シンガポール!
Fort Canning Park
今回彼とは暑い中、いろんな所にお散歩にいってきました。Clarke Quayからとぼとぼ歩いてFort Canning Parkに行ってみました。

b0043951_15255322.jpgb0043951_15253911.jpgFort Canning Parkは街中にある広大な丘で、市民の憩いの場。聞こえるのは蝉の鳴き声のみ。木々に囲まれて静かな場所です。

b0043951_15261987.jpg今日はとっても天気がよく、もちろん気温も高かったのですが、この公園の木陰で休んでいると心地よい風が吹き、ついうとうと・・・b0043951_15264975.jpg

b0043951_152669.jpgけれども、ここは昔、サルタンが築いた砦であり、その後イギリス軍司令部、日本軍占領下も軍事目的で使われていたそう。その面影を残すゲートや大砲などが所々にある。公園内にはThe Battle Boxなる元イギリス軍司令本部だった所に歴史館があり、日本軍占領間際の緊迫したイギリス軍司令部の様子などを再現しているようだ。


b0043951_154440100.jpgb0043951_15454317.jpgb0043951_15455718.jpg公園内には、いくつかのホールやレストランなどがある。そのうちの一つ、Flutesというレストランはおいしい魚料理を食べさせてくれることで有名だ、と同僚のGeok Suanが教えてくれた。どうやらここのお店は、欧米系駐在員に人気だとか。今度試してみよう。トナカイの形をした植木がお出迎え。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2005-12-26 15:24 | 観光しよう、シンガポール!
クリスマスライトアップ!
b0043951_23461889.jpgクリスマスのあのぶるぶるっとくる寒さはもちろんなく、相変わらず雨期といえども25-30℃ぐらいのシンガポールですが、11月頭からクリスマスのライトアップを街中で始めます。とくにオーチャードでは、数キロに渡る道路にきらびやかなライトアップがなされ、毎年各ビルが趣向を凝らし、その美しさを競うコンペティションも行われます。残念ながら、いつも夜のオーチャードに行くときにカメラを持っていないので、あまり写真がないのですが、少しずつここにアップして行くことにします。

b0043951_23413066.jpgb0043951_23463326.jpg左はNgee Ann City -高島屋の中にある巨大ツリーです。あまりにも巨大すぎるので全体を写せません!毎年、この室内にとても大きなツリーがお目見えして、毎年違う飾り付けがなされているんです。右は、伊勢丹前で撮影しました。上から垂れ下がる電球がなんかシンガポールっぽいですね。他にも道路の街路樹からも電球をたらしています。これが結構きれいなんですよね。

そしてこちらが、先日私が任命されたクリスマスデコレーション@オフィスプロジェクトでの力作です。オフィスで毎日うっとり眺めています。165cmほどのツリー。自分でオーナメントを買って飾り付けただけあって人一倍うつくしいと思っています。
b0043951_234282.jpgb0043951_23415662.jpgb0043951_23414273.jpg


b0043951_0335624.jpgb0043951_0341415.jpg追加の写真です。こちらは、Orchard Rd.から一つ奥に入った通りです。垂れ下がる電球が東南アジアっぽいですね。


b0043951_0351264.jpgそしてこちらが、かの有名なラッフルズホテルの正面玄関です。数ヶ月前にアメリカの投資会社に買収されたラッフルズホテルですが、今年も昨年と同じく美しいライトアップです。ごちゃごちゃすぎず、でもきらびやかなのがこのホテルのライトアップの特徴です。唯一ここにいて「クリスマス」という感じが伝わってくるのがここな気がします。


b0043951_0354130.jpgb0043951_036416.jpg最後は、私の会社のあるRaffles Cityのクリスマスツリーです。超巨大!したの方に人が小さーく映ってます・・・
ゴールド一色のこのツリーは、夜にさらに美しさが増します。とにかくゴージャスですね!
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2005-12-11 00:05 | 観光しよう、シンガポール!
シンガポールのリゾート、Sentosa!
b0043951_21565311.jpgSentosa/セントーサは、シンガポール政府の主導で開発が進められて来た島。本島からは、たった800mほどしか離れていない。なので、この島へはロープウェイ、バス、フェリー、タクシーなどで行き来することができ、数分で島に着いてしまう。私たちは、その中でも一番楽しそうなロープウェイで島に上陸!最高地点は91mだそうで、下を見るとちょっとめまいがしそうです。


島内には、Shangri-Laなどをはじめとしたリゾートホテルがいくつかあります。ビーチ、水族館、ドルフィンの泳ぐラグーン、ゴルフコース、アジア最大のバタフライパーク、噴水ショーに、シンガポール最大のマーライオンもここにいます。アジア大陸最南端の地とかいうポイントもあります。島内の移動には、貸し自転車もいいですが、私たちは無料で走っている循環バスを利用して島内を行き来しました。ビーチにはわんさか人がいて、キャンプをしている人もいます。

b0043951_2157867.jpgb0043951_21573547.jpgSiloso Beach/シロソビーチの近くにある、Under Water Worldという水族館に行ってきました。久々の水族館にちょっと興奮。

b0043951_21575682.jpg東南アジア最大のトンネル型水槽に様々な魚が泳いでいます。これが結構よくって、八景島シーパラダイスよりもすばらしい!東南アジアならではの、カラフルな魚がいっぱいいて、とにかく楽しくなってしまいました。「Sentosaなんて、旅行者がいくところでしょ〜」なんて馬鹿にしててごめんなさい!


b0043951_21593644.jpg途中でカフェでかなりおいしい肉まんとあんまんを頂き、満足度はかなり高まる。そして、夕食は以前も行ったThe Sentosa Resort & Spa内にあるレストランthe Cliffへ行ってきた。夕日が沈む絶好のタイミングにこのリゾートを訪れた私たち。水平線には夕日を遮るものは(ほぼ)ありません。(目がいい人は、遠くにタンカーが見えてしまうかもしれませんが許してくださいね)とにかく、こんなに赤くて大きな夕日は久々に見ました。

そして、このレストランでのディナーは、本当にすばらしい。サービスも行き届いており、ろうそくの明かりに灯され、心地よい海風が吹き込む開放的なレストランのデザインが、さらに雰囲気を盛り上げ、食事をおいしてくれるのです。もうこれで、気分は最高!すっかり私はシンガポール政府の思惑通り、セントーサの罠にはまってしまいましたね。セントーサ、またいかなくちゃ!!
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2005-11-19 22:44 | 観光しよう、シンガポール!
Selamat Hari Raya!
すっかり更新が遅れてしまいましたが、彼が来ていた間のイベントについて更新していきたいと思います。

b0043951_1920149.jpgヒンドゥーのお正月、ディーパバリの祝日が終わると、イスラム教のラマダン明けを祝うHari Raya Puasa/ハリ・ラヤ・プアサの祝日。日本に比べて祝日が少ないシンガポールだが、今週は2日も祝日がある。さて、このハリラヤの前になるとマレー系住民が多い地域であるGeylang/ゲイランにある Geylan Serai Rd.周辺は無数の屋台と人でごった返す。


b0043951_2081657.jpgb0043951_209114.jpg先日Deepavaliのライトアップにくらべてもさらに大きく、屋台がどこまであるのか全く見当がつかない!私たちがGeylangに行ったのは、夕方のスコール後だったので気温は25度ぐらいと涼しかったのだが、湿気と熱気で汗だくになってしまった。

b0043951_2084810.jpgb0043951_20714.jpgとにかく細かい小道から大きな道路まで、びっしりと所狭しと並ぶ屋台。マレー料理、お菓子、洋服・・・私たちも歩きながらおいしそうなものをつまみ食いしていたら、お腹いっぱい。マレー系の住民はここで新しいものなどを買い、ハリラヤ当日には新しい服で親戚めぐりをする。


b0043951_2021254.jpgb0043951_20214047.jpgもちろんGeylangも道路はきれいにライトアップ。そして、マレー系のお家の窓にはちかちか光る色とりどりの電球が飾られるのです。クリスマスみたいに。どうもシンガポールを見ているとライトアップそのものが大好きなんじゃないかと思います。どんなイベントでも美しいライトが灯されます。Selamat (= Happy) Hari Raya!
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2005-11-06 20:30 | 観光しよう、シンガポール!
National Orchid Garden
b0043951_0231012.jpgb0043951_0252760.jpg渡星してから11組目のゲストが来てくれました。同じところにいくのも少々飽きてきたので、今回初めてBotanic Garden/ボタニック・ガーデンの中にあるNational Orchid Garden/国立蘭園に行ってきました。蘭はシンガポールの国花。

b0043951_0254616.jpgb0043951_0245543.jpgこのボタニック・ガーデンは東京ドーム11個半分の大きさを誇るそうで、その一部分に蘭園があります。世界のラン約3,000種がこの蘭園の中に咲き乱れます。オーチャードのようなショッピングエリアから目と鼻の先のこのガーデンですが、ひとたび園内に入るとそこには静寂が広がり、しっとりとなく東南アジアの蝉の鳴き声と南国の木々に包まれます。私の家からもとっても近いのですが、実は今回初めて訪れました。こんな近くにこんな素敵な場所があるなんて!ボタニック・ガーデンは入場が無料(蘭園だけS$5。最近S$2から値上がりしたらしい!)。本当に広大なので、蘭園だけですっかり疲れてしまったのですが、今度はガーデン内をもうちょっと散策してみたい。今日は新たな発見!
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2005-10-24 00:19 | 観光しよう、シンガポール!
Happy Deepavali!
b0043951_23343868.jpgb0043951_2335012.jpgインド系住民のお正月Deepavali/ディーパバリのライトアップが、Serangoon Rd./セラングーン・ロード周辺ではじまりました。カラフルなライトアップと多くの屋台で盛り上がっています。ヒンドゥー教のお正月である11月1日は、伝説の主教クリシュナが悪神ナラカスラを討ち取り、 光が闇に、善が悪に勝利したことを祝う日で、ヒンドゥー教徒にとって最も重要な日だそうです。この日はカラフルな新しい衣装で寺院にお参りし、親戚や友達の家を訪ねるのが慣わしだとか。残念ながら、私はヒンドゥー教の友達がいないのですが、さらにこのお正月の日は旅行に出てしまっているため、この模様をみることはできなさそう・・・残念!

b0043951_204461.jpgb0043951_20425779.jpgb0043951_20491222.jpg

b0043951_20444515.jpgb0043951_2046557.jpgb0043951_20481181.jpg


b0043951_2334439.jpgb0043951_23362861.jpgクリシュナの置物、象の飾り、ランプ、お香・・・いろんな屋台がいっぱい出ていました。その中でカラフルな丸い電球を発見。とってもかわいかったので購入。クリスマスにも使えそうなので早速おうちに飾ってます!
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2005-10-22 20:42 | 観光しよう、シンガポール!
バスの旅
b0043951_2272514.jpg今日は友人と北の方にあるNature Reserveにウォーキングをしないか、と誘われていたのだけれど、主催者がダウンで延期に。私も病み上がりでウォーキングはちょっときついかも・・・と思っていたので、一人で過ごすことに。今日はいつものようにシンガポールは快晴。なので、ひとりバスの旅に出かけることにしました。


b0043951_2284637.jpgb0043951_2210732.jpgバス停は大体どこもこんな作りです。暑いので屋根は必須です。乗客が多い路線はこのようなダブルデッカーが走っています。バスが近くに来たら手を道路と平行に延ばすと止まってくれます。


なぜかどのバスも結構古いのですが、テレビがついています。もちろんローカルチャンネルです。シンガポールのバスは全て番号で路線を表しており、各バス停にはその番号が表示されています。利用者が多いバス停では、大体各路線の路線図(というか通るとおりの名前とバス停名)の表がありますが、だいたバス停自体にバス停の名前が書いていないので、その名前を見ただけでは分かりません。そのため、旅行者にはかなり難易度が高い乗り物と言えます。居住者であれば、各バス会社のサイトからルート検索ができるので、事前にそれを調べてからではないととんでもないことになります。特に初めていく場所ではかなりの下調べが必要です。


b0043951_22193459.jpgさて、今回は私のコンドの前から出ている路線に乗り、Great World City - Grand Copthorn Waterfront Hotel - China Town で途中下車。China Townには日本から友人でも来ない限り、あまり行かないのですが、たまに行ってみると結構いいことがあるものです。


b0043951_22293630.jpgOGというデパートを除いてみると、なんとバーゲンをやっていました!8月のナショナルデイの前にここに来たときに、欲しいなぁと思っていた靴があったのですが、今回それがまだありました!しかも、黄色い方の靴は私のサイズが残り1個だというではないですか!・・・即買いです。20%引きで、しかも靴は恐ろしく安いのがシンガポール。いい買い物をした。


b0043951_22332263.jpgそこからまた同じバスに乗り家を通り過ぎ、Queens Town - Commonwealth - Holland Villeageでまた途中下車。ここには日本人経営のおいしいケーキ屋さんがあるので、プリンを購入。通称Holland V.は欧米人の居住率が高いため、スーパーではヨーロッパの輸入品などの品揃えが良く、少々買い物。そしてまた同じバスに乗っておうちに。もう日が落ちる時間(7時頃)です!

シンガポールは電車、タクシー、ばす、どの交通手段をとっても非常に安く、中でもバスは最も安い手段です。ただ、前述のように路線がややこしいため、私は過去2回ほど違うバスに乗って、とんでもないところに連れていかれたことがあります・・・ でも大丈夫!所詮1時間ほどでぐるりとまわれるような国ですから、恐れることはありません。迷子になったらタクシーをつかまえて帰ればいいのです!
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2005-09-25 22:51 | 観光しよう、シンガポール!