堺&岸和田の旅
b0043951_11231486.jpgせっかく大阪に赴任しているんだから、私も遊びに行きたい!ということで、今週末は私が大阪へ。
まずは大阪に住んでいる前職の会社の先輩宅に遊びに行き、焼き肉パーティー。近くの市場に買い出しに行ったのですが、魚から肉、野菜まで何でも売っていてしかも超安い!レバ刺しまでゲットしました。なんだかアジアっぽい市場で楽しかったです。

主人は住まいを岸和田に選んだようで、まずは岸和田の街を散策。写真は岸和田城です。住んでいるところの近くにお城があるなんて!お城の近くは城下町のようになっていて、昔ながらの街並が残っている場所もありました。

そして、どうしても行ってみたかったのが古墳群。教科書に出ていたあの仁徳天皇陵古墳を見てみたいとやってきたのは堺。市役所から眺められるとの情報をゲットし、展望フロアへ。
しかし・・・あの前方後円墳の形は見えないではないですか!


b0043951_11233579.jpgどうも古墳から距離が近すぎる&建物が低いので、あの形は見えないようなのです。
あれはヘリコプターなどではないと見えないものなのですね・・・これは結構ショック。
なので、市役所の展望フロアに飾ってあった写真を撮ってみました。


b0043951_11235249.jpgそれでもとりあえず近くにいってみたい、と思ってそこから歩くこと15分ほど。古墳の前にやってきました。ただ、近づけば近づくほど、これが古墳とは分からない。
とりあえずお堀があって、その奥にある雑木林が古墳なんだなーということは分かりました。
古墳にはボランティアガイドの方もいて、いろいろ教えてもらいました。


その後は堺の町をてくてく散歩。岸和田と堺をめぐる旅、東京に住んでいたらわざわざ行かないだろう場所だったかもしれませんが、新しい発見の旅でした。

普段の週末は、彼が東京に戻り、月曜日の早朝に大阪に戻るような感じだったので、よくある出張の感覚で見送れていたのですが、今回は新大阪で彼に見送ってもらうという、いつもとはだいぶ違うシチュエーション。ついつい、お別れモードに感傷的にもなってしまいました。早く帰ってきてくれればいいのに!
[PR]
# by B0NDI.BLUE | 2010-07-10 11:14 | 世界を歩いてみよう
『単身赴任』だなんて
主人は、赴任がよくある会社に勤務しています。よって、赴任をいつ言われてもおかしくない訳です。
そして、とうとうその日がやってきたのです・・・

行き先は大阪。でも市内ではなくて南海電車の急行で45分ぐらい行ったところらしい。
ただ、期間はさほど長くなく2か月ほどの様子。
とはいえ、ひとりぼっちの生活も久しぶりで寂しくなりそう・・・

とりあえず、辞令から数日であちらに行ってしまうことになったので、いまから荷造りはじめます。
[PR]
# by B0NDI.BLUE | 2010-06-20 10:46 | 世田谷ライフ
祝!結婚3周年
早いものでなんと結婚3周年。(そして引っ越ししてから1年)

3年前の結婚式、本当に楽しかったなぁ。と、今でもあの時を懐かしんでいます。
結婚後も披露宴を行った三井倶楽部には何度か訪問していて、
当時お世話になったプランナーの方とお話しするのも楽しみのひとつでした。

さて、今年の結婚祝いは渋谷にあるワインの品揃えが有名だというお店で
シャンパンランチをしてきました。
ところが・・・ ちょっとはじめから飛ばしすぎたのか、後半はかなり酔いがまわり、
夕方家に帰るなり、そのままベッドにひっくり返りほぼ朝まで眠ってしまうという
何とも情けない1日となりました。

とはいえ、GWは江ノ島に行ったり、私の実家にも帰りつつ三郷にできたららぽーとに立ち寄ったり、お弁当を持って馬事公苑に行ったり・・・とアクティブに過ごせたかしら。来週は沖縄にいってきます!ただ、今日梅雨入りしたらしいけど。
[PR]
# by B0NDI.BLUE | 2010-05-06 21:54 | ウェディング
ぬか漬け
近頃はまってるもののひとつが、ぬか漬け。
実家に帰る度に、母のぬか漬けはおいしいなぁ、と思っても、なかなか自分でやってみる勇気がなかったぬか漬け。

そんなとき・・・
[PR]
# by B0NDI.BLUE | 2009-10-21 21:00 | ダイアリー
American Idol Season 8
今年の春から7月にかけて、FOXで放送されていたAmerican Idolに夫婦そろってかなりはまってました。

キャリー・アンダーウッドや・・・
[PR]
# by B0NDI.BLUE | 2009-09-06 23:13 | ダイアリー
世田谷区民になりました
世田谷に引っ越してから早1ヶ月。

引っ越し先は・・・
[PR]
# by B0NDI.BLUE | 2009-05-11 22:38 | 世田谷ライフ
引っ越します!
とうとう、私たちが豊洲を去るときがやってきました。
豊洲地区のタワーマンション3棟の入居が始まり、豊洲も賑わい始めているというのに。

泣く泣く私たちは、世田谷は若林に移り住みます。

はじめは豊洲エリアで引っ越そうと思ったものの、せっかく賃貸に住んでいるなら、
「転居の自由」を最大限活用して、180度違うエリアに住もう!と思ったのが世田谷に越すきっかけに。

世田谷ねぇ。ま、聞こえは豊洲よりはいいですかね。でもね・・・
電車混んでるだろうなぁ (毎日、がらがらの電車で快適に通勤してたのに・・・)
近くには大型ショッピングセンターないよなぁ (ららぽーと豊洲が徒歩5分、銀座も電車5分だったのに・・・)
海も運河もないし、花火も部屋から見えないし (低層住宅街なので見えるのは隣の家だし・・・)

とってもネガティブです・・・

ただ唯一の楽しみと言えば、おしゃれなカフェやおいしいお店が近所にあること、かな。
あと10日、豊洲ライフを満喫したいと思います。
[PR]
# by B0NDI.BLUE | 2009-03-31 22:29 | 豊洲ライフ
アトピーはツライ
と話すのは、うちの旦那さま。
彼は首の後ろや背中にアトピーが出て、乾燥する冬場はとても痒いらしい。

私が蚊に刺されて「痒い」と思うレベルの何倍も痒いのがアトピーだそうで、
そんな彼の痒さを和らげるべく、様々なことを試しています。

たとえば、「紫雲膏」(しうんこう)。自然の素材から作られたクリームで、ある意味たっぷり使えます。ごま油を多く含んでいるせいで、かなりのごま油臭。おまけに、「真っ赤」なクリームで、これが塗ると洋服やらシーツに色が付着するんですね・・・

できるだけステロイドを使わないように、と試した紫雲膏は、ステロイドほどではないものの結構良いようで、この冬はほぼ毎晩塗っているおかげで、それほど背中も荒れていない。変わりに私の手がいつもごま油臭い気がしないでもない・・・

さらに、朝のお手入れも忘れません。
朝は、ホホバオイルにアロマ精油を加えた手作りボディオイル。癒される香りとオイルでオフィスの大敵=暖房の乾燥もどうにか乗り越えられたみたい。

冬の終わりまでもう少し、毎朝毎晩、もうちょっとがんばろう!
[PR]
# by B0NDI.BLUE | 2009-02-12 22:02 | ダイアリー
あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます!

とうとう2009年になりました。
今年こそは、もう少しマメにブログを書くぞ・・・(!)

さて、みなさんはどんなお正月を過ごしたのでしょうか。
我が家では、元旦は彼の実家の静岡に新年のご挨拶、2日は都内のデパートの初売りに行きながら私の実家に行く、というのが定番となりつつあります。

静岡のお家では、関東のお雑煮とはだいぶ違ったものがいただけます。
焼きもちではなく、固いもちをお雑煮の中にいれるのでおもちはとろとろ。
具も豊富で大きな大根、水菜、里芋がごろっと入っています。
その上に、大量の鰹節&青のりをふりかけるので、かなりてんこもりです。

私は親戚も東京近郊にしかいないので、関東以外のお雑煮には興味津々です。
日本全国にはいろんなお雑煮があるようなので、機会があったら是非食してみたいものです。

2009年もみなさんに多くの幸が訪れますように
[PR]
# by B0NDI.BLUE | 2009-01-03 22:29 | ダイアリー
フィジーでクリスマス
b0043951_2239047.jpg記事をアップするまで何ヶ月もかかりましたが、2008年12月16日からフィジーのマタマノア島に行ってきました。フィジーには日本人が大勢いると聞いていたのに、私たちが滞在したマタマノアは滞在中は日本人どころかアジア人すらおらず。少し拍子抜け・・・
b0043951_22393155.jpgマタマノアはフィジー本島からフェリーで1Hぐらいの所にある小さな島で、リゾートも1つ。1日の滞在人数も限られており、大人だけが滞在できるリゾートです。フェリーから小舟に乗り換えて島に向かうと、そこにはリゾートのスタッフが楽器を演奏しながら私たちを迎えてくれます。みんなとにかくでかいっ
b0043951_22394372.jpg私たちはビーチヴィラに滞在。これがまた大きな部屋で快適そのもの。外に出るとヤシの木の下にはデッキチェア、そしてそのままビーチに降りて行くことができました。海ももちろんこの美しさ!スノーケリングを借りて、珊瑚や熱帯魚を毎日見に行きました。他にもカヤックで島の近くを回ったり、ビーチで読書したり・・・毎日ただただのんびり過ごしました。

b0043951_2239593.jpgb0043951_22401142.jpg唯一いま一歩だったのが、レストランの食事。量も多く肉系のメニューが中心。フィジーですから仕方ないですね。ただ、フィジーはインド系が多いのでカレーははずれがないです。リゾートのスタッフはどの人もすごくフレンドリー。レストランで働いていた青年とも仲良くなりました。毎晩、レストランでは新しく島にやってきたゲストと明日に出発するゲストの名前を紹介し、ウェルカムとお別れの歌を歌ってくれます。最終日に私たちの名前が呼ばれると、みんなが拍手を送ってくれ、ちょっとうるうるしてしまいました。

フィジーは成田から10Hあまりと結構遠いのですが、またアジアのリゾートとは違う雰囲気を楽しむことができました。またいつか、行ってみたいリゾートです。
[PR]
# by B0NDI.BLUE | 2008-12-24 22:40 | 世界を歩いてみよう