住居は賃貸か購入か?
新婚の方々の中には、きっと結婚を機に引越をして賃貸に住む方も購入する方も、はたまたどちらかのご両親と同居される方もいらっしゃると思います。

私たちはたまに週末のレジャーとして(?)、豊洲・月島・勝どきあたりの新築マンション物件を見に行ったりします。購入する意欲がある云々よりもただ近辺にはどんな物件があるのか興味があるのと、インテリアのデザインを参考にするためという感じなのですが、後1年少々で私たちの賃貸契約が終了することもあり、住宅購入の是非を考えはじめました。



少々値段は高くとも都心立地で通勤に便利、ある程度緑もあるところ、という基準をもとに、現在豊洲の分譲マンションの賃貸物件に住み始め、約2年。残念ですが、一軒家を建てることはここら辺では(私たちには)難しく、上記の基準でいくと私たちにある選択肢は、マンションを購入するか賃貸にするかという選択肢になります。

今まで私たちはマンション購入派ではありませんでした:
 *将来どうなるか分からないのに多額のローンを抱えてマンションを購入することに不安がある
 *マンションは買った途端、価格が下がる懸念がある(建築偽装があったら大変)
 *購入すると住み替えの自由がなくなる(転勤がある可能性がある)
 *購入数十年後老朽化する(修繕が決まれば多額の修繕費が別途かかる)
といった理由が主なもので、賃貸はあらかた上記はクリアするのですが、逆に定年後も家賃を払い続ける必要もある、資産が残らないという意味では、賃貸のリスクもない訳ではありません。

しかし購入するということはローンを数十年で組む訳ですから、ローンの利子、修繕積立金、管理費、固定資産税など諸々を入れた総額は、賃貸で同年数借りた総額とほぼ同額になるのです。とするならば、ローンの支払いが済みやっと3X年後に老朽化したマンションが手に入るよりも、好きな金額で好きな場所に住める賃貸が良い、というわけなのです。

前置きが長くなりましたが、ここで購入についても改めて考えてみると、最近の物件は耐久年数を長くするための様々な技術が導入され始めていること、両親などのスポンサーが頭金を工面するのに力添えしてもらえれば、私たちの支払額は安くなる・・・ということもあるわけなので、もう少しマンション購入に関する知識をつけるためにも、さらに本を読んだりサイトで調べたりする必要はありそうです。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2008-01-27 00:17 | ダイアリー
<< 門前仲町のLe Petit N... 床暖房ってすばらしい >>