のだめカンタービレ

というドラマが放映されていたらしい、ということは知っていましたが、全くもってキャストどころかあらすじさえも知らずにいた2007年の暮れ。

それは偶然、年末に某レコード会社の方々(ってすぐ分かっちゃうか)と六本木でディナーをしたときのこと。お正月に放映される「のだめカンタービレ in Europe」のスペシャル番組のCDを手がけたとのことで、2枚組のCDをいただきました。もともとクラシック音楽好きなほうなので、ドラマを知らなくともクラシックCDとして楽しもう、とありがたく頂き帰途につきました。

頂いたCDを聴けば聴くほど、「いったいどんなドラマだったんだろう」と興味津々。昨年放映された全11回のドラマが1月2〜3日に放映されていたので、もちろん我が家も観賞。すっかりのだめカンタービレファンになってしまいました!
その後のスペシャル版ももちろんリアルタイムで観賞。のだめと千秋の掛け合いがなかなか面白いドラマですねぇ。玉木宏は結構私の好みの俳優なのでより一層楽しめたのかな。二人で爆笑しながら2008年を迎えられました。笑う門には福来たる、のだめのおかげで良い一年になるかな〜?
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2008-01-05 12:05 | ダイアリー
<< 床暖房ってすばらしい 明けましておめでとうございます! >>