さよなら、モーリシャス・アルビオン
b0043951_21295292.jpg毎日毎日、飽きることなく眺めていた海。もうすぐ帰国が近づいてきました。モーリシャスのクラブメッド、アルビオンには穏やかな入り江があるので、ここだけ見ていると、モーリシャスの周りは遠浅の海なんじゃないかと思ってしまいます。が、それは違うと思われます。静かなプールの方に場所を移すと・・・

b0043951_21301440.jpgかなりの高波です!まるっきり違った海の表情を見せます。バッシャーーンと岩に打ちつける波の音が結構恐ろしいですよ。おまけに、この高波がなぜか夜はライトアップされているんですね。怖さ倍増。近くの波を見ると怖いので、もう少し遠くを見ると水平線が。先の方を目を凝らしてみてもなーんにも見えないんです。

b0043951_21303431.jpgそこに落ちていく夕日を眺めるのも日課でした。最終日前日は、ここの横にある予約制のレストランで、仲良くなったご夫妻と最後の晩餐。夕食後に脇のバーで飲もうということになっていたのですが、奥様が体調不良だった上に、私まで少々悪寒がする気がしたので、早めに退散。そして最終日の朝・・・激しい喉の痛みとあまりの熱さで目が覚めました。どうやら最終日にして風邪を引いたようです。フライトは夜だったのですが、ほとんど起き上がることもできず、彼がフルーツなどを持ってきてくれるも喉が痛くて思ったように食べられません。

のんびりしたクラブメッドにも別れのとき。空港に向かい、また長いフライト。その間は気力で乗り越え、ふらふらになりながら豊洲の我が家へ。次の日からは風邪との戦いで散々だったことは言うまでもありません・・・

どうにか具合が治った今、振り返ってみれば、ま、風邪を引いたのが最終日で良かったな、と。これもまた、楽しい新婚旅行の思い出になったかな。私って結構ポジティブシンキングね・・・と、彼に話しかけてみると、そこには私の看病で少々疲れた彼が私をにらんでいます。ご、ごめんなさいっ!
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2007-09-30 21:09 | 世界を歩いてみよう
<< 築地木村家けしあんぱん モーリシャスを歩いてみる >>