ここに決めました! 綱町三井倶楽部
b0043951_21473275.jpg私たちが最終的に決めた結婚式場についてご紹介したいと思います。悩んだ挙げ句決断したのは、麻布十番にある綱町三井倶楽部です。綱町三井倶楽部は、大正2年に三井財閥の迎賓館として建設されました。鹿鳴館を設計したジョサイア・コンドル博士の設計でルネサンス様式を基調とした建築です。
b0043951_21492365.jpgb0043951_21495150.jpg玄関を入ると広々としたウェイティングスペースがあります。そして、こちらが私たちが披露宴をするメインダイニングです。赤を基調とした部屋で重厚感溢れる作りです。ここの会場の良いところは、天井高。なんと5m。開放感があります。また、ステンドグラスに照らされる長く緩やかな階段は見せ場のひとつだそう。
b0043951_2293776.jpgb0043951_2295040.jpg1階のウェイティングスペースから上を見上げると2階まで吹き抜けになっています。2階からはこのように見えます。吹き抜けの先には豪華なステンドグラスがはめ込まれていて、日が上ってから落ちるまでずっと太陽の光が入るような設計になっているそう。
b0043951_22242521.jpgそしてこちらがチャペル。神前式とキリスト教式、悩みましたがキリスト教式にしようと思います。どの部屋もロダンやターナーなどの非常に高価な調度品や絵画が飾られ、豪華さにため息が出てしまいます。私の母親は初め「大正2年の建物」だから古いんでは・・・と心配そうでしたが、実は1年かけて行った改装工事の甲斐もあり、内装も重厚感は残したまま新しくなっており、母も満足そうです。ここの会場は、三井グループの方の推薦がないと利用できないこともあり、知名度はそれほど高くないのですが、非常に穴場ともいえます。ちょっぴり楽しみになってきました。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-12-04 22:39 | ウェディング
<< 蓼科 カゼ、引きました >>