メイドカフェ?!
日本に帰ってくるちょっと前、「メイドカフェ」という言葉を初めて知った。多分普通に日本にいたら、知っていて当然の単語なのだろうが、ローカルテレビかBBCしか見ていなかったので日本のニュースといえばNikkei.netでチェックする程度。なのでそんな言葉を知る由もなかった。

ほかにも日本に帰国するまで知らない単語がいくつもあった。
「KAT-TUN」という名前を新聞のテレビ欄でよく見かけたが、私はてっきりお笑い芸人でKAT(カット)とTUN(タン)という二人組みだと勝手に思い込んでいたし、「萌え~」とかいうのはいまだによく分からない。

単語だけではなくて、ニュースも同じ。
ネットの新聞などは、購読しないと記事の内容をほんの数文しか読むことができないし、大体記事は時系列で並んでいるので、どれがその日のトップニュースでどの程度の扱い方をされたのかがまったく分からない。結果、ここ1年半、日本で取り上げられたニュースの把握状況といえば、かなり抜けが多い。

帰国して思ったことは、テレビから得られる情報がいかに大きいかということ。耳で聞き、映像で見るというのは、ものすごくインパクトがある。テレビは偉大な情報源。そして、常に新しい言葉が生まれていることも知った。

ところで、「メイドカフェ」の話に戻ると、私は日本にもシンガポールのようなメイドサービス(週1から住み込みまで都合に合わせて、掃除・料理・子守などをしてくれる外国人メイドを雇えるサービス)はあるのだろうか・・・とネット検索していて引っかかった単語だった。「メイドカフェ」の「メイド」は私の検索したかった「メイド」とはまったく異なるものをさしていることを知り、かなり驚いた。日本人にとって「メイド」、というと、ああいうものを想像するのかしら。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-06-06 01:16 | ダイアリー
<< 有明〜豊洲を散歩 新しい街 >>