ショック!私のiBook・・・
先週日曜日、友達のhanulとソファーに座りながらMSNメッセンジャーでチャットをしていたときのこと。ちょっと飲み物でも取ろうとiBookをサイドテーブルに乗っけたつもりが・・・ ガッチャーンとすごい勢い音。ガガーーーン。iBookを石の床に落としてしまったのだ!

ま、まさか・・・と思ったが、起動しない。再起動したら、画面はグレーでアップルマークがでてくるだけ。起動しない。う、うそーーー!

慌てて同僚やこっちの友達に連絡をし、ITの同僚が明日オフィスで見てくれるということになった。実はこのiBook、彼に買ってもらったもの。壊したなんていったら悲しむに違いない。おまけに、過去2年分の全ての写真はこのPCに入っており、バックアップは全くとっていなかった・・・

あくる日。
同僚のSoon Keatに見てもらうが、「ハードディスクが見つからないよ・・・ とりあえずお昼にApple Centreに行ってみよう」ということで、オフィスの近くにあるAppleにいってみた。返事は同じ。ただ、もうちょっとチェックアップしてみるとのことで、期待を持っていたのだが・・・

金曜日。
「やっぱりハードが壊れてる。ハードディスクを新しいのにリプレイスする?」とAppleスタッフからの連絡。「えっ!ってことは、今のハードディスクのデータは全部みれないってこと?!」と半泣き状態で聞く私。「そうだね・・・ リトリーブするっていう手はあるけど数千ドルするよ」。

あぁ、なんてひどいことをしてしまったのでしょう。
私の2年分の旅行の写真やら、シンガポールでの写真やら、ダウンロードした音楽やら・・・全部なくなっちゃうなんて!バックアップしておけばよかった・・・ うぅぅ・・・

周りのみんなは、「写真がなくなっても思い出は心の中にあるでしょ?」と慰めてくれたり、「リトリーブを安くしてくれるところを友達に聞いてみるよ」といってくれたりしたのですが、私の心はショックを隠し切れません・・・ 自分のおろかさにがっかりです。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2006-02-17 15:25 | ダイアリー
<< シンガポールを語る シンガポール女性の出産と仕事 >>