両親訪問
b0043951_23222410.jpg私がシンガポールに住み始めてから両親が遊びに来てくれたのはこれで2回目。前回は会社がゴージャスなサービスアパートメントを借りてくれていたので、そこに滞在していたときに来てくれた。今回の目的は、今のコンドミニアムではどんな生活をしているのか様子を見るため、ということだったが、8月から3ヶ月ぶりに両親ともゆっくり話ができる機会が持て、家族は良いなぁ〜としみじみ思うのでした。Goodwood ParkでDim Sumランチをしたり、私の大好きなシンガポールのヌードルを紹介しながら、楽しく過ごせました。両親もローカル料理に挑戦して気に入ってくれたみたい。

b0043951_23223882.jpgb0043951_23225194.jpgまたも、セントーサにもいってきましたが、前回とはまた違うところに行ってみました。吊り橋を渡って「アジア最南端の地」にも行きました。人工的ではありますが、ジャングルのようなこの島には、孔雀が放し飼いで飼われていて飛び回っていたり、リスや大きなトカゲなんかもいるんです。「予想外に結構いいじゃない」と母。

以前はよく母とイタリアンやフレンチのランチを食べにいっていたので、最近は一緒に行ってくれる人がいないようで淋しそうでした。父もそんなことは口にせずとも、淋しそうです。もう後数ヶ月で日本に帰国するわけなので、そんなにしみじみしてもしょうがなく、しかも、1月末には私も9日間も帰国する予定ではあるものの、やっぱりお別れの時は、悲しいものです。

父と母は、私と別れてから、今度はタイに向って旅立ちました。しかも、シンガポールよりタイの滞在の方が長いんですけど・・・・!? ま、シンガポールだけではつまらないのも分かりますけどもね。後3週間でまた彼もシンガポールに来てくれるし、その後は私も日本に一時帰国するし、あっという間に日本への本帰国の時が来てしまいそうだなぁ。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2005-11-28 23:50 | ダイアリー
<< 注目されるのが嫌いな講師 あかちゃん来訪 >>