'Oliver Twist'
先週は一緒にいた彼も帰国してしまった今週は、なんだか淋しい感じ。ゲスト続きだったこともあり、この週末はゆっくりしたいなぁ〜と思いつつも、いろいろお誘いがあったので、結局土・日とも帰宅はずいぶんと遅くなりました。

昨日はマンダリンのクラスがあり、その後、すっかりもうクリスマス模様になっているオーチャードをうろうろ。クリスマスツリーやらライトアップが美しい。夕食は、知人の一人が帰国することになり、送別会をMohamed Sultan Rd/モハメド・サルタンにある日本食レストラン、Enで行った。ここの日本食は結構おいしくて、日本人だけではなく、ローカルやヨーロッパ人にも人気。ゴーヤチャンプルーやソーキそばといった沖縄料理まである。

外国人は滞在期間が短いために、昨日のような送別会も頻繁にあるし、同じだけ歓迎会もある。せっかく仲良くなった友達が帰国してしまうのほど淋しい思いをすることはない。特に、外国に住む者にとっては、友達作りはたやすいことではなく、その中で気心知れた間柄になるにはそれなりの時間もかかる。自分の帰国が近づくにつれて、ここでできた友達との別れがどんなに辛くなるか、今からそのことで淋しくなってしまう。

そして今日は、友人と夕方からGreat World Cityといううちからバスで5分ほどにあるショッピングセンターの中にある映画館で、Oliver Twist を見てきた。シンガポールはネットで席を予約しても、チケット代と合わせてS$10ぐらいなのでみんなにとって大きなエンターテイメントの一つ。ローマン・ポランスキー監督が同名のチャールズ・ディケンズの小説をもとに映画化。オリバーは両親を亡くした孤児。孤児のための施設で労働をさせられるが、そこでのある事件をきっかけに、その施設からとある家族に仕えることになる。しかし、そこでもまたトラブルを起こし、逃げ出すオリバー少年は、ロンドンで物取りを商売にする一団にであう・・・ オリバー役の少年の演技が本当にすばらしく、心に残る表情をする。あんな無垢で、天使のような表情にこちらも心が和む。なかなかいい作品です。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2005-11-13 23:48 | ダイアリー
<< Sydneyへ行こう! Krabi Thailand >>