Essence of Chicken
また昨日から熱とのどの痛み、鼻水の症状が出て来た。もしや、今度こそデング熱か?

かなり心配になったが、熱は36.9度と微妙に平熱より高いがそれほど高くはない。多分デングではないな、と勝手に決めつけて、とりあえず自分なりの予防策(遅いが)を講じてみることにした。

本日スーパーで購入したのはこちら。
Essence of Chicken/エッセンス・オブ・チキン!

b0043951_22215075.jpgその名も偉いパワフルだが、名前もさることながら、かなりのパワフルな味(?)だった。液体は濃くくすんだ赤というか黒というか、ミキプルーンをちょっと薄めたような感じだが、味が結構やばい。血なまぐさいのだ。まるでこれはチキンの血を絞って作ったのではないかと思うほど。ローカルは体力が消耗しているときにはこれを飲むらしい。

常温ではちょっと「うぇっ」という感じだったので、同僚の「冷やしてから飲むといいよ」というアドバイスを忠実に守り、冷やしてから再度挑戦。「ん?冷やすとあの嫌な感じがなくなるじゃん?」と頑張ってこの小瓶を空ける。なんだかすごい力がみなぎって来た!(ような気がする)


b0043951_22232797.jpgとはいえ、これで風邪が治るわけではないと思うので、先日フィリスが買って来てくれたDecolgenを飲む。なぜかシンガポールは、頭痛と言えばPanadol/パナドール、風邪と言えばDecolgen/デコルゲン。必ずと言っていいほどこの法則が当てはまる。今回フィリスが買って来てくれたDecolgenは、新パッケージらしくwith Vitamin Cらしい。

とりあえずは、今日のところはこの二つで様子を見ることにしよう。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2005-10-10 22:59 | シンガポール名物たべもの
<< オージーだらけのオフィスにて ワインを堪能する >>