'As It Is In Heaven'
今日は午後にマンダリンのレッスンに行ってから、夕方からはドイツ人とシンガポール人の友達の友達(私は面識なし)の家で行われるBBQに行く予定だった。
しかし、ドイツ人の友人が仕事で遅くなりそうだと私に携帯のメッセージを送ってきて、その後うまく調整がつけられず、面識のない人のおうちに友達なしで行くのもちょっとおかしな気がしたので結局このBBQには行くのを断念。

一緒にいた友人と、それじゃ気分を変えて、と映画を見ることに。2005年アカデミー賞外国語映画部門にノミネートされていたスウェーデン映画、'As It Is In Heaven'を見てきました。

幼少時代、いじめにあっていた少年ダニエルは成長し、世界名門の指揮者となる。しかし、心臓病を煩う彼は、指揮者としての道を捨て、昔幼少期にすんだ片田舎の街に移り住むことを決意。そこで街の小さな教会の聖歌隊を指導することになる。その聖歌隊メンバーとの心のつながり、様々な問題、そして恋を通して立派な聖歌隊を作り上げるお話。久々に感動の映画でした。

スウェーデン映画は、ロッタちゃんシリーズやなが靴下のピッピといったものを好んでみてきたので、このようなヒューマン映画を見たのははじめて。監督は Kay Pollak という方の作品。日本で公開したかは不明ですが、お薦めの一本です。

それ以外の現在公開中の映画で気になったものは、ラッセル・クロウ&レニー・ゼルウィガー主演の Cinderella Man。かなり期待度大です。今日は時間が合わず断念。

また、イ・ビョンホン主演のA Bittersweet Life(「甘い人生」っていう邦題でしたか)も公開中。もうそろそろ、April Snow (確か邦題は「四月の雪」。ちなみに、中国語では「外出」という題名です)も公開です。このApril Snowは街中にいっぱいポスターが貼られています。シンガポールでは日本よりも以前からだいぶ韓国ブームだったのだが、それは今も衰えることなく、さらに勢いを強めているようです。

どうでもいいのですが、こう言ったポスターには韓国人俳優の名前が英語で書いてあるのですが、はじめそれを見たときに「へー、こういうスペルなのね」とひとりで感心していました。

イ・ビョンホンは、Lee Byung-Hun、李炳憲
ペ・ヨンジュンは、Bae Yong-joon、裴勇俊

だそうです。
[PR]
by B0NDI.BLUE | 2005-09-10 15:51 | ダイアリー
<< コイズミ スタイル フルーツ天国 >>