国際宅急便&郵便
会社と契約書やらのやり取りをする際に、どんな宅急便などを使うかでかかるコストも全然違う。

大概向こうから送る書類はDHL社でくるが、こちらから同社を使うと結構高い。

書類をシンガポールに送る場合・・・

■DHL社は、送りたい荷物を自宅までとりにきてくれる上に、次の日には届く。
   国際的信用度が高いが値も高い。
   (シンガポールまでは3,000円以上)

■UPS社は、上記の会社に比べて知名度がそれほど高くはないが、値もまぁまぁ。
   (2,000円ちょっと)

■郵便局
   は、かなり使えると思った。EMSというものだとなんと900円。
   ただ、2−3日かかるようだ。
   ちゃんと伝票もくれるので、万が一の場合も安心。

場合によって、使い分けるとずいぶんコストが節約できそう。
私の場合は、会社持ちにしてくれるというので高いやつを使いましたが。
[PR]
by b0ndi.blue | 2004-10-05 18:44 | ダイアリー
<< 引っ越しのための諸手続き 契約書 >>